魅力満載の“マツダ名車”!ロンブー亮の5.7万キロ、ワンオーナー車をご紹介します!「出てこない」、「絶対欲しい」と奥様と相談してください!

ニュースの要約

– 田村亮がYouTubeチャンネルで愛車選びに挑戦
– ノーマルな状態のマツダRX-7タイプRSに注目
– 最終的に購入を諦め、乗せてもらうことを選択

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/509d00589744f9e0e43576fd4a069af9310866d7

ロンブー亮、5.7万キロ ワンオーナー極上“マツダ名車”に「もう出てこない」「これはほしい。奥さんに相談せなあかん金額」

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮(52)が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新しました。

今回は、愛車を探すために中古車販売店を訪れた様子が紹介されています。

前回の動画では、トヨタの『セリカ GT-FOUR』を見た亮さん。

今回の動画では、「リトラクタブルライトの車を狙っている」と話し、三菱の『GTO』、マツダ(アンフィニ)の『RX-7』、トヨタの『スープラ』などが紹介されました。

最後に登場した青いボディのマツダ『RX-7』タイプRSは、亮さんが価格を問い合わせた候補車として登場。

1999年式の最終型で、亮さんは車の状態に大満足し、「これは欲しい!」と話しています。

カスタムされていないノーマルな状態で低走行と希少な要素が揃っており、価格も高騰しているようです。

亮さんは奥さんと相談しながら購入を検討している様子で、車好きの気持ちを前面に出しています。

結局、購入せずに乗せてもらうことを選択しましたが、車への愛情が伝わるエピソードとなりました。

さてさて、もう少し調べてみるとするか。気になって眠れねーっつーの!

ロンブー亮のワンオーナー車、希少なマツダ名車。 ニュースについての感想

ロンブー亮が極上車体の愛車候補を探している姿にワクワク!

高額ながらも条件満たすマツダ『RX-7』に惚れてる様子。

家庭の事情もバラエティ豊かに明かし、車好きとしての気持ちを丁寧に伝える姿勢に共感。

購入決意はせず、ただ乗せてもらうことも選択。

自身の愛車購入旅も再開しており、新たな出会いを楽しみにする姿にドキドキ。

ロンブー亮のワンオーナー車、希少なマツダ名車。 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ロンブー亮、5.7万キロ ワンオーナー極上“マツダ名車”に「もう出てこない」「これはほしい。奥さんに相談せなあかん金額」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ロータリーエンジンを持つ車を選ぶポイント

ロータリーエンジンを持つ車を選ぶ際には、信頼性や燃費など従来のエンジンと異なる点に注意が必要です。メンテナンスのしやすさや部品の入手性を確認し、運転の楽しさや独特なエンジン特性を楽しむことができるか考慮すると良いでしょう。

ロータリーエンジンの旧車選び

ロータリーエンジンを搭載した旧車を選ぶ際には、エンジンの特性やメンテナンスの難しさ、部品の入手性などを考慮する必要がある。メーカーごとに異なるエンジンの性能や耐久性を確認し、専門的な知識や経験を持つメカニックのサポートが受けられるかも重要だ。

ロータリーエンジンの魅力

ロータリーエンジンは、従来のピストン式エンジンとは異なる独自の構造を持ち、コンパクトで高出力かつスムーズな回転特性が特徴。燃焼室の数が少ないため振動が少なく、高回転数でも安定した出力を生み出す。その独特な仕組みから愛されるファンも多い。

ロータリーエンジンの旧車購入。

ロータリーエンジンの旧車は燃費や排気ガスの面で難があるが、独特の魅力や高回転域でのパワーが特徴。メンテナンスが煩雑なため、購入前に十分なリサーチと専門家のチェックが必要。

旧車価格予想

旧車価格予想には車種、年式、人気度、コンディションなどが影響し、市場の需要と供給に左右される。過去の取引データや専門家の意見を参考にすることが重要。価格は時期や地域によっても変動するため、注意が必要。

  • URLをコピーしました!