ミュージカル「黒執事」寄宿学校編が再演決定!立石俊樹・小西詠斗・上田堪大が続投します。

ニュースの要約

– ミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密 2024~
– 原作:枢やなマンガ「黒執事」(月刊Gファンタジー)
– 出演者には立石俊樹、小西詠斗、上田堪大が続投

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/36cd18c4d3a328d303b7e50a76afe9dc00fdde5f

ミュージカル「黒執事」寄宿学校編の再演決定!立石俊樹・小西詠斗・上田堪大が続投

ミュージカル『黒執事』~寄宿学校の秘密 2024~が、9月7日と8日に兵庫県立芸術文化センターKOBELCO 大ホールで、21日から29日まで東京ドームシティホールで上演されます。

枢やなの漫画『黒執事』は、スクウェア・エニックスの『月刊Gファンタジー』で連載されているダークファンタジー作品です。

この作品を元にしたミュージカルシリーズは2009年にスタートし、2021年には「寄宿学校編」が上演されました。

今回の第8弾再演では、セバスチャン・ミカエリス役の立石俊樹やシエル・ファントムハイヴ役の小西詠斗、葬儀屋役の上田堪大が再び出演します。

さらに新たに、英国名門寄宿学校・ウェストン校のP4メンバーとして、神里優希、栗原航大、塩田一期、定本楓馬が決定しました。

チケットの一般販売は8月17日10:00に開始されます。

再演について立石俊樹は、「黒執事」と「寄宿学校編」の独特の世界を楽しんでもらいたいとコメントしています。

小西詠斗は、「シエルを再演できることは光栄であり、新しいキャストと共に作品を楽しみたい」と述べています。

上田堪大は、「再び葬儀屋として出演できることに感謝し、更なる努力を重ねて作品に臨みたい」とコメントしています。

演出の松崎史也は、「再演の運びとなり、黒の世界を演劇で表現できることを誇りに思っています。期待していてください」と述べています。

2024年の「ミュージカル『黒執事』~寄宿学校の秘密~」を、ぜひ劇場で楽しんでください。

まあさ、色々あるわさ。でも好きなんだよねー。ワクワクするニュースばかり!

ミュージカル「黒執事」寄宿学校再演、豪華キャスト続投 ニュースについての感想

9月に神戸と東京で「黒執事」ミュージカルが再演されるよ!

キャストも新旧織り交ぜての再演だよ。

原作やアニメファンなら必見のシリーズだから、チケットGETしてみんなで楽しもう!

キャストのコメントも必見だよ!

ミュージカル「黒執事」寄宿学校再演、豪華キャスト続投 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ミュージカル「黒執事」寄宿学校編の再演決定!立石俊樹・小西詠斗・上田堪大が続投 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

謎の侯爵、シエル邸に現る。

謎の侯爵が、シエル邸に突然現れる。

シエル・ファントムハイヴの謎

シエル・ファントムハイヴは、人気漫画「黒執事」の主人公であり、12歳の英国貴族。彼の謎めいた過去や執事セバスチャンとの関係が物語の中心となっており、様々な事件に巻き込まれながらも冷静な判断力と機転で解決していく姿が魅力。彼の持つ「王に仕える悪魔」という二面性がファンを惹きつける理由の一つ。

グレゴリーの暗黒ファンタジー

『グレゴリーの暗黒ファンタジー』は、ダークファンタジー要素を取り入れた作品であり、不気味な世界観や深い哲学を描いている。主人公の内面の葛藤や過去のトラウマが物語の核となっており、読者を引き込む力がある作品として知られている。

プリーフェクト・フォーの魅力

プリーフェクト・フォーは自然豊かな環境と暮らしやすさを兼ね備えた魅力溢れる都道府県であり、四季折々の風景や多彩な観光名所、地元の食文化などが訪れる人々を魅了している。また、歴史的な建造物や伝統工芸品なども見どころであり、地元の人々の温かいおもてなしも訪れる人々に好評を得ている。

松崎史也の物語

松崎史也は、若手ジャーナリストであり、犯罪捜査や事件報道を得意とする。その優れた記事執筆能力と分析力で、数々の難事件を解決。その活躍は警察や読者から高い評価を受け、今後の活躍が期待されている。

  • URLをコピーしました!