サイバーエージェント、ニトロプラスを子会社化 人気コンテンツ「刀剣乱舞」を展開、今後も現体制を維持

ニュースの要約

1. サイバーエージェントがニトロプラスを子会社化し、取得価額は167億400万円。
2. ニトロプラスはゲームやアニメ制作を手掛け、IPビジネスに注力。
3. 子会社化によりニトロプラスの現体制を維持し、更なる事業拡大を支援。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/66b81f7701171ee4abcb3ead99ce44be767da31f

サイバーエージェント、ニトロプラスを子会社化 「刀剣乱舞」など展開、現体制の維持も表明

サイバーエージェントは、26日に株式会社ニトロプラスの株式を取得し、子会社化することを発表しました。

取締役会で決議され、取得価額は167億4000万円となります。

取得日は7月1日で、議決権比率は72.5%になります。

ニトロプラスは、2000年に設立された企業で、ゲーム、アニメ、3DCG、キャラクターグッズなどのコンテンツ制作を手がけています。

一方、サイバーエージェントはABEMAを中心にIP事業を展開し、積極的な投資を行っています。

両社の親和性の高さなどを理由に、ニトロプラスの子会社化が決定されました。

今回の子会社化に際し、ニトロプラスの組織変更はなく、小坂孝志氏が引き続き社長を務めます。

ニトロプラスは今後もIPビジネスの強化やコンテンツ制作に取り組み、サイバーエージェントの支援を受けながら、事業を拡大していく予定です。

同社では両代表が出演するコンテンツが公開されています。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

サイバーエージェントがニトロプラスを子会社化 ニュースについての感想

サイバーエージェントがニトロプラスを子会社化!

株取得価額は167億400万円で、取得後の議決権比率は72.5%に。

ニトロプラスはゲームやアニメなど幅広いコンテンツ制作で知られ、サイバーエージェントもIP事業に力を入れてるみたい。

両社は親和性が高いと判断し、今回の子会社化を決定。

今後もニトロプラスの活躍が楽しみだね!

サイバーエージェントがニトロプラスを子会社化 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

サイバーエージェント、ニトロプラスを子会社化 「刀剣乱舞」など展開、現体制の維持も表明 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

「ニトロプラスのゲーム開発」

ニトロプラスは、日本のゲーム制作会社であり、主にノベルゲームやアダルトゲームを制作している。代表作には『STEINS;GATE』や『カオスヘッド』などがあり、圧倒的なストーリー展開やキャラクター設定が特徴とされる。また、アニメ化や小説化など、メディアミックス展開も積極的に行っている。

ニトロプラスのコンテンツ制作

ニトロプラスは、1999年に設立された日本のゲーム制作会社であり、アニメーション、音楽、イラストレーションなど様々なコンテンツを手掛ける。代表作には『STEINS;GATE』や『Fate/Zero』などがある。

ニトロプラスのIP事業

ニトロプラスは、PCゲーム制作会社として知られるが、近年はアニメや小説、フィギュアなど多岐にわたるIP事業展開を行っており、ブランド力を高めている。

ニトロプラスのIP事業展開

ニトロプラスは、ゲームやアニメなどで人気のIPを活用して商品展開やコラボレーションを行い、ファン層を拡大。近年では、キャラクターを活かしたグッズや食品、コラボカフェなど、幅広い分野で展開している。

「ニトロプラス×サイバーエージェント」

ニトロプラスとサイバーエージェントがコラボし、ゲームやアニメなどのコンテンツを共同制作するプロジェクトを展開中。両社の強みを活かした新しい作品が期待される。

  • URLをコピーしました!