山下智久の海外撮影での新たな体験に、出口夏希も羨ましく思う

ニュースの要約

1. 山下智久がフジテレビの新ドラマ「ブルーモーメント」の制作発表に参加し、海外と日本のドラマ制作の違いを明かした。
2. 山下は5年ぶりに民放の連続ドラマ主演、7年ぶりにフジテレビのドラマに出演。共演者には豪華なキャストが揃っている。
3. ドラマ制作の違いとして、山下は海外との最大の違いは「絶対土日が休み」という点で、撮影秘話と新ドラマの内容について明かした。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6dbf2e55a7a0f0f4f7a6ba1e05aacdbb53c93a34

山下智久 「すげえ最高でしたね」海外撮影で初めて日本ではできない体験 出口夏希「いいな~」思わず嫉妬

俳優の山下智久さん(39)が16日、東京・フジテレビ湾岸スタジオで水10ドラマ「ブルーモーメント」の「制作発表」に出席しました。

山下さんは、海外と日本のドラマ制作の違いについて話しました。

山下さんは、2019年4月期のTBS「インハンド」以来5年ぶりに民放の連続ドラマで主演し、フジテレビの「コード・ブルー」以来7年ぶりに出演します。

山下さんは「久々にフジテレビさんに戻って来られて光栄にうれしくお思います。スタジオにも知り合いがたくさんいて“戻ってきたな”と感じています。新しい仲間と新しい作品を作れることをうれしく思っています」とコメントしました。

制作発表には山下さんに加えて、出口夏希さん、水上恒司さん、岡部大さん、夏帆さんなど豪華なキャスト陣も登場しました。

山下さんは海外ドラマ初主演も果たしており、「“いいものをつくろう”という気持ちは万国共通ですね」と述べました。

スケジュールの違いを知った出口夏希さんは「“華金”欲しいです」とうらやましがっていました。

今作では、山下さん演じる晴原柑九朗が、気象研究官として活躍する姿が描かれます。

山下さん演じるキャラクターは、人命を守るために知恵と知識を駆使し、命がけで救助に立ち向かうSDM本部メンバーの奮闘を描く作品となっています。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

山下智久、海外撮影で新たな体験 出口夏希も羨ましく思う ニュースについての感想

山下智久が「ブルーモーメント」制作発表に出席!

フジテレビで7年ぶり主演で「久々に戻ってきたな」と喜びを語る。

海外との制作違いについて「“いいものをつくろう”という気持ちは万国共通」と語り、土日休みの贅沢さに感激。

SDM本部のチーフを演じる山下が気象災害に挑む姿を描くこのドラマで、出口夏希や他豪華キャストも登場!

山下智久、海外撮影で新たな体験 出口夏希も羨ましく思う ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

山下智久 「すげえ最高でしたね」海外撮影で初めて日本ではできない体験 出口夏希「いいな~」思わず嫉妬 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

山下智久、特別災害対策

山下智久さんは、特別災害対策に積極的に取り組んでおり、被災地支援や募金活動を行っています。また、自身の所属事務所も災害時には即座に支援を行う体制を整えています。

山下智久の気象研究官

山下智久は、気象研究官としても活躍しており、気象予報士の資格も取得している。彼はTV番組やイベントで気象に関する知識や予報を発信し、熱心なファンも多い。その他にも音楽や俳優業もこなし、マルチに活動している。

海外ドラマの虜

海外ドラマの虜は、世界中の人々を魅了するドラマ作品に夢中になっている人たちのことを指します。異なる文化や言語のドラマに触れることで、新しい視点や感情を体験し、日常生活から離れて刺激を求める人々が多いです。しかし、英語の理解力や字幕の追加が必要な場合もあるため、視聴する際には注意が必要です。

気象研究官の挑戦

気象研究官が新たな気象現象の解明を目指し、さまざまなデータを収集・分析する活動に取り組んでいます。その中で、気象予測の精度向上や災害対策の改善に貢献しています。

特別災害対策の重要性

特別災害対策は、災害時に適切かつ効果的な支援を行うために重要です。地域のリスクやニーズに合わせた計画立案や訓練が必要で、迅速な対応が被災者の生活を守ることにつながります。

  • URLをコピーしました!