『光る君へ 第25話』- まひろ、宣孝からの恋文に胸が躍る!途中から次々と起こる災害に…

ニュースの要約

– 吉高由里子主演のNHK大河ドラマ「光る君へ」
– 紫式部と藤原道長の恋愛を描く壮大な物語
– 第25話ではまひろと道長の葛藤、災害の脅威が描かれる。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8c14c9e2fc3427efdf3338edd48ed3b0f315a379

【光る君へ 第25話】まひろ、宣孝から恋文届く 次々と災害が起こり…

女優の吉高由里子がNHK大河ドラマ「光る君へ」で主演を務め、23日に放送される第25話「決意」が話題だ。

このドラマは平安時代を舞台に、紫式部を演じる吉高と藤原道長を演じる柄本佑が登場し、紫式部と道長の人生を描く。

脚本は大石静が手がける。

第25話では、紙の美しさに心を動かされる紫式部が恋文を受け取り、身の振り方を考える。

一方、道長は定子を愛するあまり政務に手が回らず悩んでいる一条天皇に悩みを抱える。

晴明の予言通り、災害が起こる中、道長は…。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

恋文届くまひろ、災害が… ニュースについての感想

吉高由里子主演のNHK大河ドラマ「光る君へ」第25話は23日に放送!

平安時代の恋愛長編「源氏物語」を描く作家紫式部(吉高)と藤原道長(柄本佑)の関係に注目!

紙作りに夢中なまひろや道長の苦悩が描かれる。

今後の展開が気になる!

恋文届くまひろ、災害が… ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

【光る君へ 第25話】まひろ、宣孝から恋文届く 次々と災害が起こり… のニュース内容を理解するのにお役立てください!

源氏物語特集

源氏物語は、平安時代初期に女流作家紫式部によって書かれた長編小説。物語の中心には、光源氏を始めとする高貴な男性たちと、彼らに翻弄される女性たちの愛憎劇が描かれている。後の文学作品にも多大な影響を与えた名作。

吉高由里子主演の源氏物語演出に注目

吉高由里子が主演する「源氏物語」の演出に注目。源氏物語という古典文学を現代に再解釈した作品であり、吉高由里子の演技力が注目されている。源氏物語の世界観やストーリーがどのように再現されるのか、期待が高まっている。

大河ドラマ「源氏物語」

「源氏物語」は、日本最古の長編小説であり、紫式部によって11世紀に書かれました。平安時代の貴族社会を舞台に、貴族たちの恋愛や人間関係を描いています。物語の中心には主人公の光源氏がおり、彼の多くの愛と苦悩が描かれています。

源氏物語の藤原道長

藤原道長は平安時代の貴族で、『源氏物語』の中心人物として知られています。彼は摂政や関白を務め、文化のパトロンとしても活躍しました。源氏物語においては、その才能や魅力、孤独な一面が描かれており、物語の重要なキーパーソンとして存在感を示しています。

源氏物語の紫式部

日本の古典文学である『源氏物語』は、平安時代に紫式部によって書かれた物語であり、恋愛や人間関係を描いた世界的に有名な作品である。紫式部は女流作家としても知られ、物語の構成や表現力が高く評価されている。

  • URLをコピーしました!