「多岐川の決断」第61話 虎に翼

ニュースの要約

– 連続テレビ小説『虎に翼』第61話、弁護士寅子が特例判事補に就任して忙しくなる。
– 多岐川が愛のコンサートを開催し、寅子が出演歌手の交渉をする。
– 元山すみれの相談が寅子の関係者の家庭に関わる事態を引き起こす。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f8503ebda38603ed8b524545949e759498b87711

『虎に翼』第61話 多岐川が”ある決断”をする

俳優・伊藤沙莉が主演を務めるNHKの連続テレビ小説『虎に翼』の第61話が、24日に放送されます。

この作品は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となった女性を伊藤沙莉が演じ、彼女と仲間たちが困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子どもや追いつめられた女性たちを救う物語です。

実話に基づくリーガルエンターテインメント作品として、三淵嘉子さんが法曹の世界に飛び込んだストーリーが描かれます。

第61話では、寅子(伊藤沙莉)が「特例判事補」に昇格し、多忙な日々を送ります。

多岐川(滝藤賢一)は家庭裁判所の認知度を上げるために「愛のコンサート」を計画し、出演歌手の手配を寅子に依頼します。

一方、寅子が勤務する家庭裁判所に訪れた元山すみれ(武田梨奈)からの相談は、寅子にとって身近な人物の家庭に関する困難な問題を抱えていました。

最新ニュース、マストチェック!新しい発見が待ってるよ!

多岐川が重要な選択をする 『虎に翼』第61話 ニュースについての感想

テレビ小説『虎に翼』第61話では、主人公・寅子が「特例判事補」として大活躍!

多岐川が愛のコンサートを計画し、寅子が出演歌手の交渉に奮闘する。

元山すみれの相談で、寅子の周りの人たちの家庭にも問題が…。

ドキドキ展開に注目だ!

多岐川が重要な選択をする 『虎に翼』第61話 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

『虎に翼』第61話 多岐川が”ある決断”をする のニュース内容を理解するのにお役立てください!

女性弁護士の挑戦

女性弁護士が男性中心の法曹界に挑戦し、キャリアを築く様子や、女性ならではの視点での法律活動について探究したり、ジェンダーに起因する様々な課題に取り組む様子を描いた興味深いテーマ。

女性弁護士の挑戦

女性弁護士が男性中心の業界で活躍する中、性別に関わらず才能を発揮。社会的な偏見や固定観念に立ち向かい、女性の視点や力を活かし、法律の世界に新たな風をもたらす。

法曹の世界に挑む女性弁護士

法曹界での女性弁護士は、男性中心の世界に挑戦し、その存在感を示しています。女性ならではの視点やアプローチが求められる中で、彼女たちは自身の力を信じて活躍しています。活躍例も多く、ジェンダーの壁を越えて成功を収めることも増えています。

特例判事補の新たな挑戦

特例判事補の新たな挑戦は、民事・刑事・行政のいずれかの専門家である弁護士や検察官、国家公務員等が、裁判所の判事補として一定期間過ごす制度である。彼らは判事の補佐をし、実務経験を積み、裁判所運営の現場での貴重な経験を積むことができる。

特例判事補の挑戦

特例判事補とは、経験豊富な法律家が臨時の判事を務める制度であり、高い専門知識と経験を生かして裁判所の業務に参加する。彼らの挑戦は、公正な裁判を提供するために重要な役割を果たすとされている。

  • URLをコピーしました!