「24日の虎に翼」- 多岐川が家庭裁判所の魅力を伝えるために「愛のコンサート」を開催!

ニュースの要約

– NHK連続テレビ小説「虎に翼」は女性弁護士三淵嘉子の半生をフィクションで描く。
– 伊藤沙莉は主人公「猪爪寅子」役を演じ、特例判事補として大忙しになる。
– 作品は110作目の朝ドラで、戦時下を奮闘する主人公の姿を描く。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f806ec27d2fc2b4a32b9be2d139f1853de7cfb96

【24日の虎に翼】多岐川は家庭裁判所を知ってもらうため「愛のコンサート」を開くと言い出す

NHKの連続テレビ小説「虎に翼」は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となる三淵嘉子さんの生涯をフィクションで描いています。

主人公の猪爪寅子役を演じているのは伊藤沙莉さんです。

最新の話では、寅子(伊藤沙莉)が「特例判事補」として忙しく働いています。

家庭裁判所の認知促進のため、多岐川は「愛のコンサート」を企画し、出演交渉を寅子に任せました。

ある日、家庭裁判所で当番を務めている寅子に相談に訪れた元山すみれは、寅子の知る人物の家庭に関わる問題を抱えていました。

このドラマは110作目で、吉田恵里香氏の脚本により、主人公が昭和初期から戦争時代を経て奮闘する姿が描かれます。

「虎に翼」というタイトルは、中国の法家「韓非子」の言葉で「強いものの上にさらに強さが加わる」という意味を持ちます。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

多岐川、家庭裁判所をPRする「愛のコンサート」開催計画 ニュースについての感想

NHKの新しい朝ドラ「虎に翼」、ヒロインの寅子が特例判事補になって大忙し!

家庭裁判所の愛のコンサートにも突入!

元山すみれの相談でドラマが一気に加速!

吉田恵里香さんの脚本で描かれる、戦時下を生きる強い女性の物語に注目!

多岐川、家庭裁判所をPRする「愛のコンサート」開催計画 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

【24日の虎に翼】多岐川は家庭裁判所を知ってもらうため「愛のコンサート」を開くと言い出す のニュース内容を理解するのにお役立てください!

三淵嘉子の魅力

三淵嘉子は日本の作家であり、独自の感性や視点から生まれる独創的な作品が多く、読者を引き込む力が魅力の一つ。その作品には深い哲学や人間の内面に迫る描写があり、読む者に多くの感動を与える。

家庭裁判所からの愛

家庭裁判所からの愛は、家族間のトラブルや問題を解決し、家庭の安定を保つための支援や指導を行う機関です。離婚や親子関係の修復、養育費や面会交流の問題など、さまざまな家庭内のトラブルに対応しています。それぞれの事情に適した解決方法を提案し、家庭の再生や和解を支援しています。

愛のコンサート

愛のコンサートは、恋人同士や家族、友人など、愛を分かち合う人々が集まって楽しむコンサートのこと。音楽やダンス、劇などの演目を通じて愛を表現し、感動や喜びを共有するイベント。場所や出演者によって多様なスタイルが存在し、観客も一体となって楽しむ。

三淵嘉子が元山すみれに贈る愛のコンサート

三淵嘉子が元山すみれに送る愛のコンサートは、二人の芸術家が織り成す感動の演奏会。三淵の美しいピアノと元山の力強い歌声が織りなすハーモニーが観客を魅了する。両者の友情と才能が溢れるステージは、多くの人々の心に感動と喜びを与えることだろう。

韓非子の知恵

韓非子(かんぴし)は、中国戦国時代の法家思想家で、法家の開祖と言われる人物です。彼の思想は実利主義的で、人間の本性を悪だとし、法律で統制するという考えを持っていました。また、人間関係や政治において、合理的な行動を重視しました。

  • URLをコピーしました!