「明日の虎に翼」第61話:寅子の愛のコンサート!出演歌手の交渉と相談、武田梨奈が登場!

ニュースの要約

– 伊藤沙莉が主演するNHK連続テレビ小説「虎に翼」の第61話が放送
– 家庭裁判所の特例判事補として、寅子が忙しくなるストーリー展開
– 登場人物の元山すみれが寅子のよく知る人物の家庭に関わる問題を持ち込む

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/10b13de28d6005bdc66c25d43e532e63a5bd0871

【明日24日の虎に翼】第61話 寅子「愛のコンサート」出演歌手の交渉も!相談に来る女性役は武田梨奈

女優の伊藤沙莉(30歳)が主演するNHK連続テレビ小説「虎に翼」の第61話が24日に放送されます。

寅子(伊藤)は「特例判事補」として忙しく働いています。

多岐川(滝藤賢一)は家庭裁判所を知ってもらうため「愛のコンサート」を開催し、出演歌手の交渉を寅子に任せます。

寅子のもとに相談に訪れた元山すみれ(武田梨奈)の問題は、寅子がよく知る人物の家族に関するものでした。

この作品は、女性弁護士として知られる三淵嘉子さんをモデルにしたリーガルエンターテインメントで、朝ドラ通算110作目となります。

伊藤は「ひよっこ」(17年前期)以来2度目の朝ドラ出演となり、脚本は吉田恵里香氏、音楽は森優太氏が担当しています。

主題歌は米津玄師の「さよーならまたいつか!」で、語りは尾野真千子が務めます。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

武田梨奈が交渉の相談にやって来る【虎に翼】第61話「愛のコンサート」 ニュースについての感想

30歳の伊藤沙莉がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」第61話が放送中!

寅子は特例判事補になり、多忙な日々。

家庭裁判所を知ってもらうために愛のコンサートが開かれ、寅子は元山すみれの相談に迫られる。

朝ドラ通算110作目で、戦後の東京を舞台に描かれる激動の女性法曹たちの物語。

伊藤の2度目の朝ドラ出演で、脚本は吉田恵里香氏、主題歌は米津玄師の「さよーならまたいつか!」を尾野真千子が語る。

武田梨奈が交渉の相談にやって来る【虎に翼】第61話「愛のコンサート」 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

【明日24日の虎に翼】第61話 寅子「愛のコンサート」出演歌手の交渉も!相談に来る女性役は武田梨奈 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

伊藤沙莉

伊藤沙莉は、1992年生まれの日本の女優であり、映画やドラマ、舞台など幅広い作品に出演している。注目を集める若手女優の一人であり、演技力や美貌だけでなく、その人柄やトーク力でも人気を集めている。

伊藤沙莉が女性弁護士に変身

俳優の伊藤沙莉が、新ドラマ「女弁護士・青葉葵」で、女性弁護士役に挑戦。法廷での熱演やドラマ内の人間模様が注目されている。

リーガルエンターテインメント新作

リーガルエンターテインメントの新作は、法律をテーマにした興味深いストーリーで注目を集めています。裁判や捜査を題材にした心理戦を描き、視聴者を引き込む展開が魅力です。演技力の高さや脚本の巧みさが評価され、法律に詳しくない人でも楽しめる作品として期待されています。

朝ドラ伊藤沙莉!

若手女優の伊藤沙莉が朝ドラに初主演。演技力と存在感で注目を集め、これまで数々の作品で活躍してきた実力派。ファッションや美容にも造詣が深く、多才な才能を持つ新鋭女優として今後の活躍が期待される。

米津玄師、朝ドラ、伊藤沙莉、リーガルエンターテインメント、女性弁護士

米津玄師は日本のシンガーソングライターで、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の主題歌を手掛ける。伊藤沙莉は女優で同ドラマに出演。リーガルエンターテインメントは女性弁護士を題材にした人気ドラマ。

  • URLをコピーしました!