魅力あふれる役柄に挑戦!櫻井翔が語る、嵐のMV撮影エピソード

ニュースの要約

– 金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』制作発表&第1話プレミアム試写会
– 主演の水川あさみ、櫻井翔、玉山鉄二が登壇
– 早見和真氏の小説を原作とする政治サスペンスドラマ

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3d47ee1fc76e336a1fd720d5860ee2f5ee738ad8

櫻井翔、三郎役から一郎役へ「縁を感じている」 二郎役も経験済み「嵐のMVの中で…」

26日、都内で行われたTBS系金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』の制作発表&第1話プレミアム試写会に、主演の水川あさみ、共演の玉山鉄二と一緒に登壇したのは、嵐の櫻井翔でした。

本作は、主人公の新聞記者・道上香苗が、若き人気政治家・清家一郎と有能な秘書・鈴木俊哉を取り巻くヒューマン政治サスペンスで、早見和真氏の同名小説が原作となっています。

櫻井は初の政治家役に挑むことについて、「政治家というイメージがあったのですが、清家は柔らかで朗らかなイメージ。役作りに際して監督やプロデューサーと連携しながら演じています」と説明しました。

玉山は、「政治家としての説得力がある。櫻井さんのおかげで思い切った演技ができているように感じます」と評価しました。

原作者の早見和真氏もサプライズゲストとして登場し、キャスト全員に花束を贈呈しました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

櫻井翔が三郎から一郎へ役転換、“嵐”MVでの経験語る ニュースについての感想

嵐の櫻井翔が主演の新ドラマ『笑うマトリョーシカ』の制作発表&試写会に登場!

政治家役に初挑戦する様子や共演者たちとの掛け合いが面白そう。

制作会見には原作者もサプライズ登場し、キャストに花束をプレゼントしたようだ。

櫻井翔が三郎から一郎へ役転換、“嵐”MVでの経験語る ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

櫻井翔、三郎役から一郎役へ「縁を感じている」 二郎役も経験済み「嵐のMVの中で…」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

櫻井翔の新たな挑戦

櫻井翔が新たな挑戦として、テレビドラマ以外での活動やプロジェクトに積極的に参加し、幅広いジャンルでの活動を展開している。マルチな才能を発揮し、さまざまな役割をこなす姿にファンからの支持を集めている。

政治家役の櫻井翔

櫻井翔は、嵐のメンバーとしての活動だけでなく、政治家役としての活動も知られています。彼は演技力を活かして幅広いジャンルで活躍し、これからもさまざまな挑戦をしていくことが期待されている。

ヒューマン政治を提唱

ヒューマン政治は、人間の尊厳や平等を中心に据え、持続可能な社会を目指す政治理念であり、人間の豊かさと幸福を追求するために政治が行われるべきだと主張されています。力の均衡や市民の意思決定への参加権の強化が重要視されており、人間中心の政治体制が求められています。

水川あさみの政治家役

水川あさみが演じた政治家役は、彼女の演技力と存在感で注目を集め、そのキャリアに新たな光を当てました。政治家役への挑戦は彼女の幅広い演技力を見せる一方で、彼女の人気と評価を更に高めました。

早見和真の演技力

早見和真は声優として幅広いジャンルで活躍し、繊細な演技力と表現力で多くのファンを魅了している。アニメ、ゲーム、吹き替えなど、様々な作品で主要キャラクターを演じることで、その才能を発揮している。

  • URLをコピーしました!