生田絵梨花、ついにソロデビュー!マルチな活動に自身も驚き、「紅白」再出演も「まさか」

ニュースの要約

– 生田絵梨花、27歳、ソロデビューEP『capriccioso』を発売
– タイトルは音楽用語で「気ままに」「気まぐれに」を意味
– インタビューではマルチな活躍や目標、緊張について語る

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d087a3514091d306cab7fe58782a6d795d53010d

生田絵梨花がついにソロデビュー マルチな活動に自身が驚き ディズニー・“ハマいく”として『紅白』再出演も「まさか」

27歳の生田絵梨花が初のソロEP『capriccioso』が4月10日に発売されました。

このタイトルは音楽用語で”気ままに”や”気まぐれに”という意味を持ちます。

生田はきまりきったことではなく、自由に音楽を楽しむことを大切にしており、気軽に好きな時に好きなように楽しんでもらいたいとの思いを込めたそうです。

インタビューでは、生田が『capriccioso』のように柔軟な活動を続ける心境や、昨年の『紅白歌合戦』でのエピソードなどが語られました。

生田は乃木坂46を卒業後、音楽活動やミュージカル、ドラマ、音楽番組MC、声優など幅広く活動しています。

自身の活動についてどう受け止めているかについて尋ねられると、生田は様々なジャンルに挑戦できることに感謝しており、全力で取り組むことが大切だと述べました。

また、忙しさについて質問されると、以前よりも心の余裕を持てるようになったと話しています。

自分の音楽を多くの人に届けることが目標だと語る生田は、長く続けることが一番難しいことだとして、頑張り続ける姿勢を示しています。

昨年の『紅白歌合戦』では、ディズニーと「ハマいく」の2曲で出場した生田。

濱家隆一さんとのユニット「ハマいく」での舞台について驚きを隠せない様子で話しており、緊張を抱えながらも、日常の温度感を持ちステージに立つことの重要性を語っています。

乃木坂46の後輩たちのステージは直接見れなかったものの、コミュニケーションを通じて応援することができたことに感謝していると述べました。

生田は最後に、EP『capriccioso』を気楽に聞いてもらいたいと呼びかけ、作品が聞いている人々を楽しませ、元気づけることを願っています。

彼女は2023年秋には全国ツアーを開催予定で、続けていくことが目標だと語っています。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

生田絵梨花、マルチな活動でソロデビュー。『紅白』再出演に驚き。 ニュースについての感想

生田絵梨花(27)のソロデビューEP『capriccioso』が4月10日に発売!

音楽用語の「気ままに」と「気まぐれに」のテーマで、生田のマルチ活躍や紅白出場エピソードをインタビュー。

音楽にこだわらず多彩に挑戦する姿勢や緊張しながらも続ける意思に刺激を受ける。

ポジティブな考え方と、気負わずに楽しんでほしいメッセージが伝わってくる作品!

生田絵梨花、マルチな活動でソロデビュー。『紅白』再出演に驚き。 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

生田絵梨花がついにソロデビュー マルチな活動に自身が驚き ディズニー・“ハマいく”として『紅白』再出演も「まさか」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

多彩な才能

多彩な才能を持つ人は、幅広い分野で活躍しやすく、新しい挑戦にも積極的です。異なる能力を組み合わせることで、独自の視点から問題を解決し、創造性豊かなアイデアを生み出すことができます。

感謝と緊張:ストーリー

主人公が感謝と緊張を抱えながら不器用に自分のストーリーを紡いでいく様子を描いた作品。人間関係や成長をテーマに、独自の視点から描かれることで読者の共感を呼び起こす。

感謝と緊張満点

感謝と緊張満点の状況は、人々が高い期待を抱いているときに感じられます。感謝は成功や成果に対する謙虚な気持ちであり、緊張はその期待を満たすためのプレッシャーを伴うものです。このような状況には、自信を持ちつつも謙虚さを保ち、緊張をポジティブなエネルギーに変えることが重要です。

ディズニー100周年の感謝と緊張

ディズニーが創業100周年を迎える中、感謝と緊張が共存。これまでの歴史と成功に感謝しつつ、将来への期待と課題に緊張を感じている。

ディズニーミュージカル活動開始

ディズニーミュージカル活動はディズニー映画やキャラクターをミュージカル化した舞台作品で、各国で公演されています。日本でも人気が高く、日本語版の制作や上演も行われており、ファンからの支持も厚い。

  • URLをコピーしました!