Noismが20周年記念公演での金森穣との“蓄積”について語る「感動の涙が止まらない作品に」

ニュースの要約

– Noism Company Niigata 20周年記念公演『Amomentof』の記者発表
– Noismの20周年を記念して金森が演出振付を担う2本の新作上演
– 20年の歩みを具体的に想起させる演出や科学技術に向き合う力を込めた作品

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0eeee751e1020bcdb6ffc44689187a235f8cebe4

Noismが“蓄積”を見せる、20周年記念公演に金森穣「涙が止まらない作品になるかも」

新潟を拠点とするNoism Company Niigataが20周年記念公演『Amomentof』の記者発表を行いました。

2004年に設立されたNoismは、日本初の公共劇場専属舞踊団として活動しています。

この公演では、金森穣が演出振付を担当する2本の新作が上演されます。

「20周年は通過点であり、穣さんの新たな作品をお楽しみいただきたい」と井関佐和子が語りました。

Noismは若手メンバーを次の歴史の1ページに作品を通して繋ぐことを期待しており、20年間の歩みを感じる作品になるでしょう。

金森は「Amomentof」について「舞台での一瞬の勝負を表現したい」と語り、「セレネ、あるいは黄昏の歌」には科学技術の進歩による影響を取り入れた作品になると述べました。

公演の詳細は6月28日から30日まで新潟、7月26日から28日まで埼玉で上演されます。

Noismの未来を模索する2つの新作に期待が高まります。

さてさて、もう少し調べてみるとするか。気になって眠れねーっつーの!

Noism20周年記念公演:金森穣の感動作品 ニュースについての感想

Noismカンパニーの記者発表で、20周年記念公演「Amomentof」が6月28日から30日に新潟で開催されることが明らかに。

金森穣や井関佐和子の意気込みが伝わってくるね!舞踊の魅力をたっぷり感じられそうで、興奮が止まらない!

【画像】も見てみない?

Noism20周年記念公演:金森穣の感動作品 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

Noismが“蓄積”を見せる、20周年記念公演に金森穣「涙が止まらない作品になるかも」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

踊り継ぐ舞踊団

踊り継ぐ舞踊団は、日本の伝統舞踊を次世代に受け継ぐ活動を行っている団体であり、全国各地で公演やワークショップを行いながら、伝統文化の魅力を広めている。

公演記念20周年舞踊団

公演記念20周年舞踊団は、20周年記念公演を開催し、団員が総力を結集して華やかな舞台を演じます。歴史と伝統に裏打ちされた作品から最新の振付まで幅広いジャンルを披露し、観客を魅了することが期待されています。

演出振付の舞踊団

演出振付の舞踊団は、踊りの演出や振付を手がける専門家集団です。舞台や映像作品などでダンスパフォーマンスを盛り上げるために、振付師やダンサーが協力して作品を創り出しています。ダンスの流れや表現力を高め、観客に感動や興奮を与えるために重要な役割を果たしています。

舞踊団20周年公演記念

舞踊団の20周年公演記念は、団員の熱意と努力が詰まった素晴らしい舞台となりました。演目は伝統的なものから新しい挑戦まで幅広く取り揃え、観客に感動と感謝の気持ちを届けました。これからも団員一同、さらなる成長と発展を目指して精進してまいります。

科学技術の舞台芸術

科学技術の舞台芸術は、最先端のテクノロジーを活用した舞台演出や演劇パフォーマンスを指す。ARやVRを使った体験型公演や、プロジェクションマッピングを駆使した舞台装置など、新たなエンターテイメントの形として注目を集めている。

  • URLをコピーしました!