長谷川雅紀、下積み時代に経験した“最も大変だったエピソード”を振り返る

ニュースの要約

– 長谷川雅紀が芸人としての下積み時代を振り返る
– 家を追い出されたエピソードが笑いを生む
– 弟のパソコンを質に入れて携帯代を払った逸話

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c26d573a4ff11853d6634b3212f6eb70a01e0704

錦鯉・長谷川雅紀 「弟に土下座した」下積み時代の“一番大変だったエピソード”を回想

お笑いコンビ「錦鯉」の長谷川雅紀(53)が、19日にニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」に出演しました。

長谷川は、長い下積み時代で大変だったことのトップ3を明かすコーナーで、実家を追い出されたエピソードを笑い話しました。

実家の札幌で2年目の芸人生活でお金がなくなり、携帯の電話代を払えずに困ったことを語りました。

家の中を見渡すと弟のパソコンを見つけて質屋に持って行き、3万円になったそうです。

そのお金で携帯代を支払い、安心してテレビを見ていたところ、弟にパソコンがないと言われ、パソコンを友達に貸したと嘘をついたそうです。

その後、弟によって家を追い出され、オチは親に泣き寝入りするという苦しい日々だったそうです。

最新ニュース、マストチェック!新しい発見が待ってるよ!

長谷川雅紀が弟に土下座したエピソード ニュースについての感想

「錦鯉」の長谷川雅紀が下積み時代の苦労話を明かし、家出て弟のパソコンを質屋に入れたエピソードが笑いを生んだ。

実家を追い出されて「やばい!」と思い、泥棒扱いされた過去を振り返りつつ、家出ていけと蹴り飛ばされるハプニングを冗談交じりに語った。

親に泣き寝入りして償い、泣き笑いの苦労話に共感。

長谷川雅紀が弟に土下座したエピソード ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

錦鯉・長谷川雅紀 「弟に土下座した」下積み時代の“一番大変だったエピソード”を回想 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

実家の下積み時代

実家での下積み時代は、私にとって貴重な経験であり、多くのことを学んだ時間でした。家族や地元の人々とのつながりを大切にしながら、自らの能力や夢に向かって努力し続けた日々が、私の人生の基盤となっています。

実家質屋

実家質屋は、家族が代々営んでいる質屋のこと。一般的には宝飾品や貴金属、ブランド品などの買取や担保ローンが主なサービス。地域密着型で信頼性が高く、古くからのお客様も多い。

パソコンを売らずに 質屋に質入れ。

パソコンを売却せずに、質屋に質入れすることで急な現金需要を賄うことができます。しかし、買取価格よりも低い値段での質入れが一般的であり、返済期限を守らないとパソコンが差し押さえられるリスクもあります。

パソコン活用法

パソコンの活用法は、仕事や学習、趣味に幅広く使われています。メールやSNSでのコミュニケーションから、資料作成やデータ管理、オンラインショッピング、動画編集、プログラミングなど様々な用途があります。操作方法やアプリケーションの使い方を熟知し、効率的に活用することで日常生活をスムーズにすることができます。

実家からの芸人デビュー

実家の地方での地域密着芸人活動を経て、プロの芸人としてデビューしました。地元愛や地域のネタを活かし、幅広いファンに支持されています。地元の誇りとして活躍する姿は、多くの人々に感動を与えています。

  • URLをコピーしました!