NHKロケ中に重要文化財「旧金毘羅大芝居」が破損 香川で発生

ニュースの要約

– NHKが放送中の番組ロケで重要文化財破損
– 花道から転落した撮影担当者が木製角材破損
– 過去にも別番組で重要文化財破損を起こしていた

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6da0de84942c6a7568007e3fa8c7db690c4b5f14

NHKまたロケ中に国の重要文化財の一部破損 香川「旧金毘羅大芝居」

NHKは10日、Eテレの番組「芸能きわみ堂」のロケ中、国の重要文化財に指定されている香川県琴平町の「旧金毘羅大芝居」の一部を破損させたと発表しました。

5月24日、同所で撮影を行った際、撮影担当者が花道から客席に転落し、升席を仕切る木製角材の一部が壊れたとのことです。

幸い一般公開や公演には影響はありませんでした。

NHKは「貴重な文化財を破損したことを深くお詫びいたします。改めて文化財の保護を徹底してまいります」とコメントしました。

昨年4月にも別番組のロケ中に、国の重要文化財に指定されている滋賀・東近江市の百済寺の一部が破損していたことがあります。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

香川・旧金毘羅大芝居、NHKロケ中に破損 ニュースについての感想

NHKがまた文化財を破損してしまったみたい!

ロケ中に事故があって、香川県の「旧金毘羅大芝居」が一部壊れたらしい。

でも、一般公開や公演には影響ないみたいだから、安心してね。

NHKは反省して「文化財をまもるべきだ」とコメントしていたよ。

前にも同じことがあったんだって。

香川・旧金毘羅大芝居、NHKロケ中に破損 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

NHKまたロケ中に国の重要文化財の一部破損 香川「旧金毘羅大芝居」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

香川県の文化財保護活動

香川県では、豊富な歴史的遺産と文化財を保護するための積極的な活動が展開されています。県内各地で古い建造物や伝統工芸品の保存、修復が行われ、文化の継承に努めています。また、地元の歴史や伝統を活かしたイベントや祭りも定期的に開催され、観光客の興味を引く取り組みが行われています。

Eテレのロケ事故

Eテレのロケ事故は、放送局が番組や特別番組の撮影や収録を行う際に発生する事故のことを指す。安全管理やリスク評価が怠られたり、現場の環境が過酷であったりすることが原因で起きることがある。事故の影響は放送業界全体に影響を及ぼし、放送局や関係者は事故の再発防止のために慎重かつ厳格な対策を必要としている。

香川県のロケ事故

香川県でのロケ事故により、複数のスタッフが負傷。事故の詳細は不明だが、撮影現場での安全管理が重要となる。今後の対策強化が求められる。

香川県の文化財保護

香川県では、多くの歴史的建造物や伝統工芸品など、豊かな文化財が保護されています。県内各地に点在する国宝や重要文化財は、その歴史や文化を伝える重要な役割を果たしています。地域の伝統行事や芸能も大切に守られており、地元の人々の文化への愛着が感じられます。

滋賀県の文化財保護

滋賀県の文化財保護は、歴史ある建造物や文化遺産を保存・活用する取り組みで、県内には多くの国指定重要文化財や登録有形文化財が存在しています。県や地域自治体、関係団体が協力して、保存修復や啓発活動を行い、文化財の価値を後世に伝える取り組みが盛んです。

  • URLをコピーしました!