市川團十郎(46)が麻央さんの祥月命日を迎えて心境を明かす

ニュースの要約

1. 市川團十郎が妻・小林麻央さんの祥月命日を迎え、ブログで思いを記す。
2. 團十郎は7年経っても麻央の死を乗り越えられない様子。
3. 團十郎は息子で歌舞伎俳優の市川新之助の成長を喜び、親心を吐露。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2fdff9adf2f7cc4875676601f89f8e5becda0e51

市川團十郎(46)麻央さんの祥月命日迎え心境明かす

歌舞伎俳優の市川團十郎(46)が22日、亡くなった妻・小林麻央さんの祥月命日を迎え、自身のブログで思いを綴りました。

團十郎は「今日は麻央の祥月命日、7年経ちました」「7年経ちましたが、私の中ではまだ、さほど経っていない感じです。そういうものなのだと思います」と心情を綴りました。

昨日21日のブログでは、息子で歌舞伎俳優の市川新之助(11)が朝稽古する姿の写真を投稿。「顔つきにも変化が出て来てうれしいです」と述べ、「明日は麻央の祥月命日です。あの日から7年、真っすぐ子どもたちが成長してくれている事が、私はうれしいです」と親心を吐露しています。

團十郎と麻央さんは10年3月に結婚、11年7月に長女の堀越麗禾が誕生し、13年3月に長男の新之助が誕生。16年6月には麻央さんの乳がんが公表され、17年6月22日に亡くなりました。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

市川團十郎さんが麻央さんの祥月命日を迎えて心境を明かす ニュースについての感想

歌舞伎俳優の市川團十郎が、亡くなった妻・小林麻央さんの祥月命日にブログで思いを綴っていた。

過ぎ去った7年、子どもたちの成長を見ることで喜びを感じる日々。

家族への愛情が感じられるエピソードに胸が熱くなる。

市川團十郎さんが麻央さんの祥月命日を迎えて心境を明かす ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

市川團十郎(46)麻央さんの祥月命日迎え心境明かす のニュース内容を理解するのにお役立てください!

市川新之助の歌舞伎舞台

市川新之助は、歌舞伎界で活躍する若手俳優であり、その演技力とキャリアの豊富さで知られています。彼が出演する歌舞伎舞台は、伝統的な演技や物語で観客を魅了し、現代の視点からも新しい解釈を加えた作品が多く上演されています。

「祥月命日」を用いた19文字以内の見出しはありますか?

「祥月命日」から始まる言葉は現在存在していないようです。

祥月命日 終わらぬ勇気

祥月命日は、人々が敬意を表す日であり、亡くなった人々を偲びながら彼らの遺産を継承することを意味します。この日には、亡くなった人々の勇気や遺産を称え、未来への希望と勇気を感じることができます。

市川新之助の長女が乳がんで亡くなる。

市川新之助の長女が乳がんで亡くなるニュースにより、日本の芸能界や社会に大きな衝撃が走った。彼女は若くして亡くなり、乳がんの重要性と啓発活動の重要性が再度注目された。

市川新之助娘舞台デビュー

市川新之助の娘が舞台デビューし話題に。

  • URLをコピーしました!