ファン・ジョンウムが、夫の不倫相手と誤解された一般女性から告訴される事態に!示談金めぐりの対立が「我慢できない」状況に発展中。

ニュースの要約

– ファン・ジョンウムが不倫相手と勘違いした一般女性に名誉毀損疑いで告訴される
– A氏はファン・ジョンウムとは面識がなかったことが明らかにされる
– 合意書の内容に関する問題が示談交渉に影響を与える

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bc086e144ad93a161c2d5b225bbee10225bc41fa

ファン・ジョンウム、夫の不倫相手と誤解した一般女性から告訴…示談金めぐり対立「我慢できない」

女優のファン・ジョンウムが、夫の不倫相手と勘違いして被害を与えた一般女性A氏から、名誉毀損の疑いで告訴されました。

A氏とファン・ジョンウムの夫は面識がなかったことがわかっています。

ソウル蘆原(ノウォン)警察署は22日、ファン・ジョンウムに対する名誉毀損疑いの告訴が最近受け付けられ、捜査が始められたと明かしました。

A氏は、ファン・ジョンウム側が提出した合意書の内容について問題を起こしているようです。合意書には、ファン・ジョンウムの名誉を毀損し、侮辱したことに関して認める内容が削除され、A氏が合意を破った場合は示談金の2倍を支払わなければならないといった内容が追加されたそうです。

A氏は「ファン・ジョンウムさんが本当に申し訳なく思っているのか疑問です。私が悪徳な人間として扱われることに納得がいかないので、本来の望み通りに示談金を払ってほしい」と述べました。

A氏は、ファン・ジョンウム側が示談金を下げ、2回に分けて支払うと伝えても、お金は重要ではなかったため全てを受け入れたと話しています。

しかし、ファン・ジョンウム側からは示談金の額について異論があるとのことです。彼女の所属事務所Y.ONEエンターテインメントは、「A氏側が最終合意の前に突然、従来の示談金の2倍を要求してきた。ファン・ジョンウムが間違いを認めているため、問題を解決しようとしている」と説明しました。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

ファン・ジョンウム、夫の浮気相手と誤解され告訴 示談金問題で対立 ニュースについての感想

ファン・ジョンウムが誤解から起こしたトラブル、A氏の怒りや合意書のやりとり、示談金の話まで、ドラマのような騒動が続き、最終的には謝罪文を通じてお詫び。

人気女優でも起きる事件に、ちょっと驚きつつも、誰にでも間違いはあるよねと思わずにはいられない。

ファン・ジョンウム、夫の浮気相手と誤解され告訴 示談金問題で対立 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ファン・ジョンウム、夫の不倫相手と誤解した一般女性から告訴…示談金めぐり対立「我慢できない」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

名誉毀損訴訟

名誉毀損訴訟とは、他者による虚偽の事実や誹謗中傷により名誉を傷つけられたと感じた場合に提起される訴訟であり、被告側には真実や証拠の提出が求められる。裁判所は名誉を傷つけられた側の社会的信用や評判を考慮し、損害賠償金の支払いなどの判決を下す。

合意書交渉

合意書交渉は、契約や取引における条件や条項などについて、両者が合意を形成するプロセスです。交渉力やコミュニケーション能力が重要であり、法的な知識も必要とされます。円滑な進行のためには、相手の立場や要望を理解し、柔軟な対応が求められます。

示談金交渉

示談金交渉は、事故などで被害を受けた際に、相手方と話し合いをして解決する際に、支払われる金額を交渉するプロセスのこと。専門家の助言を受けたり、証拠を集めたりして、自身の権利を守りながら、納得のいく金額を目指すことが重要。

SNSアカウントを巡る名誉毀損

SNSアカウントを利用する際に、他のユーザーによる名誉毀損が発生することがある。特に有名人や企業は影響が大きく、法的措置を取るケースもある。匿名性の高いSNSでは特に注意が必要で、適切な対処が求められる。

謝罪文の重要性

謝罪文はコミュニケーションを円滑にし、信頼関係を築くために非常に重要な役割を果たす。誠実さと責任感を示すことで、相手の感情を尊重し、過ちの修正をする機会を提供することができる。

  • URLをコピーしました!