西洸人、対面イベントで無視された経験を振り返る「複雑な気持ちになった瞬間」

ニュースの要約

– 西洸人、ファンとの距離感に悩みを明かす
– 西、交流イベントでの傷ついた経験を告白
– 西、SNSでのメンバーへの一方的賞賛に悲しみ

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/fabec8fdecdfc9e2356f5549bddc3c93dd76df6f

西洸人、対面イベントで無視された経験 “複雑”な気持ちになった言葉明かす

グローバルボーイズグループ・INI(アイエヌアイ)の西洸人が、25日放送の日本テレビ系バラエティー番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演しました。

この日、西はファンとの距離感について悩みを打ち明けました。「めちゃくちゃありがたいです。本当にありがたいんですけど、ちょっと複雑な気持ちもあります」と話し、ファンからの「いつ戻すの?」などの意見に戸惑いを感じることもあると説明しました。

また、ファン交流イベントでの経験やダンス動画に対するコメントについても語り、共感の声が上がりました。

西は「不快な思いをしているだけでなく、他のメンバーも同じように傷ついてることがよくある」と率直に話しました。

【情報:日本テレビ】

注目のトピック、見逃せないぜ!気になる情報だらけでヤバス!

対面イベントで無視された経験の複雑な気持ち ニュースについての感想

INIの西洸人がファンとの距離感に悩んでるみたい。

推し活テーマで「いつ戻すの?」とか「前の方が良かった」って言われちゃうと、「カレー屋のパスタ食べたい」気分になっちゃうこともあるんだって。

西はファン交流イベントでも傷つくことがあるみたいで、一生懸命話しかけても無視されると悲しくなるんだって。

でも全メンバー傷ついてるって言うし、自分だけじゃないみたい。

INIの皆さん、大丈夫かな?【modelpress編集部】

対面イベントで無視された経験の複雑な気持ち ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

西洸人、対面イベントで無視された経験 “複雑”な気持ちになった言葉明かす のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ファン距離zero

ファン距離zeroは、アーティストや有名人とファンの距離が非常に近い状況を指し、SNSなどのインターネット技術の発展により、直接コミュニケーションが可能になった現象。ファンとの交流を大切にし、ファンの声に耳を傾けることで、支持を広げることができる。

推し活の楽しみ方

推し活とは、自分が応援するアーティストや作品に対する熱い想いを共感するための活動です。ライブやイベント参加、グッズ購入、SNSでの交流など、様々な形で楽しむことができます。推しと共に成長し、共に喜びを分かち合うことが、推し活の醍醐味です。

ミート&グリート開催

ミート&グリート開催は、ファンとアーティストが直接交流する機会を提供するイベントであり、通常はコンサートや舞台の後に行われることが多い。ファンがアーティストと直接会話したり写真を撮ったりすることで、より一層の親近感が生まれることが期待される。

ミート&グリートを開催します

当社はファンとの交流を深めるため、ミート&グリートイベントを開催します。アーティストや俳優と直接会える機会であり、限定チケット制となっています。会場ではサイン会や写真撮影が行われ、ファン同士のコミュニケーションも楽しめます。

SNSコメント率

SNSコメント率は、投稿されたコンテンツに対してユーザーがコメントを残す割合を示す指標であり、コンテンツの興味や価値を測る際に重要なデータとなる。コメント率が高ければユーザーエンゲージメントが高いと言えるが、単純に数値だけで評価するのではなく、コメントの内容や質も考慮する必要がある。

  • URLをコピーしました!