新曲「さらば桜島」のヒットを祈願して歌唱しました。初のJ-POPカップリングも収録。

ニュースの要約

– 歌手彩青(21)がデビュー5周年記念曲「さらば桜島」を歌唱奉納
– 新曲は男心を歌った本格演歌で、故郷を離れて頑張る主人公に共感
– 初のJポップ曲「First Step」は新たな挑戦で、カップリング曲として驚きをもたらす

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/93be2d272ec5dd60536e3f30b8b2700c541563cb

彩青、新曲「さらば桜島」のヒット祈願と歌唱奉納 カップリングは初のJポップ

演歌歌手彩青(21)が26日、東京・虎ノ門の金比羅離宮で、デビュー5周年記念曲「さらば桜島」のヒット祈願と歌唱奉納を行いました。

19年6月26日に「銀次郎 旅がらす」でデビューし、今作が6枚目。

6年目の1歩を踏み出して「初めての歌唱奉納で緊張していますが、ファンの皆さんからの応援をいただき、頑張ります」と挨拶しました。

新曲は男心を歌った本格的な演歌で、桜島の自然を感じさせるドラマチックな楽曲となっています。

「北海道の岩見沢出身で故郷を離れて頑張っています。

歌の主人公も故郷を離れて励んでいる。共感できる部分があります。

好きな歌詞は『時代遅れとからかわれても』『自分らしさを貫いて』。

自分も自分らしさを守ります」と話しています。

カップリング曲「First Step」は初のJポップ曲。

「歌い方から全てが違います。こぶしを回さないのは難しいし、どうしようかと思いましたが、実は1カ所だけ回しています」と語ります。

初めて聴いた人からは「誰が歌っているのか分からなかった」「本当に彩青が歌っているのか」と驚かれたそうです。

5歳で民謡を、7歳で津軽三味線を始め、11歳で同じ北海道出身の細川たかしに師事して演歌の道を歩んできた彩青は、尺八も本格的に演奏しています。

「これから民謡と演歌を合わせた『民謡演歌』を自分で作ってみたい」と夢を語っています。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

新曲「さらば桜島」の歌唱祈願とJポップカップリング ニュースについての感想

演歌歌手彩青が金比羅離宮でデビュー5周年記念曲「さらば桜島」の歌唱奉納。

6枚目のアルバムは男心を歌ったドラマチックな楽曲。

故郷を離れて精進する歌詞に共感。

カップリング曲は初のJポップ曲で、苦労の中での1カ所だけのくぶし回しかけ。

民謡と演歌を合わせた新境地「民謡演歌」への挑戦も夢見る。

5歳で民謡、7歳から津軽三味線で演歌の道を究める、彩青の熱い想いに胸が熱くなります。

新曲「さらば桜島」の歌唱祈願とJポップカップリング ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

彩青、新曲「さらば桜島」のヒット祈願と歌唱奉納 カップリングは初のJポップ のニュース内容を理解するのにお役立てください!

北海道出身の演歌歌手

北海道出身の演歌歌手は、北の大地から生まれる独特の歌声や情感が特徴で、数々のヒット曲を生み出しています。地元の風景や人々の生活を歌った歌詞が人気で、北海道を代表するアーティストが多数活躍しています。

デビュー曲「桜島」

「桜島」はアップアップガールズ(仮)が2012年に発表したデビューシングルで、地元鹿児島の象徴である桜島をテーマにした楽曲。メンバーの熱い思いが詰まったパワフルなダンスナンバーであり、デビュー後もライブなどで定番曲として親しまれている。

桜島でデビュー

鹿児島県に位置する桜島は、活火山として知られる観光名所であり、新しい挑戦や始まりを意味する「桜島でデビュー」というフレーズは、新しいことにチャレンジする際のポジティブな意気込みを表現する言葉として使われることがある。

北海道民謡歌手デビュー

北海道の民謡を愛する歌手が、地元の伝統音楽をより広く知らせるために、北海道民謡歌手としてデビューしました。伝統的な音楽を新たな世代に伝える活動や、地域の文化を次世代に引き継ぐ意義のある活動が期待されています。

民謡デビュー

日本の伝統的な民謡を歌唱しているアーティストがデビューする際には、その地域の文化や歴史に対する理解が求められる。歌詞の意味やメロディーに込められた情感を正しく表現し、聴衆を魅了することが重要。地道な練習と研究を重ね、民謡の魅力を広める活動が求められる。

  • URLをコピーしました!