EXO ベクヒョン、シウミン、チェン、SM代表を詐欺容疑で告発

ニュースの要約

– EXOのベクヒョン、シウミン、チェン(EXO-CBX)がSMエンターテインメントの代表を告訴
– SMがアルバム流通手数料率に関する約束を履行しないと主張
– CBXが6ヶ月間SMにIP使用料を支払っていないと主張

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/30cfba8f5536eedda5245a9120e037dd9e281413

EXO ベクヒョン、シウミン、チェン、SM代表を詐欺の疑いで告訴

EXOのベクヒョン、シウミン、チェン(EXO-CBX)が所属するSMエンターテインメントの現在の共同代表であるタク・ヨンジュン氏と現CAO(Chief A&R Officer)のイ・ソンス氏を告訴しました。

法曹界と歌謡界の情報によると、ベクヒョン、シウミン、チェンは25日に所属事務所INB100と共に、タク・ヨンジュン代表とイ・ソンス氏を特定経済犯罪及び法律違反(詐欺)の疑いで告訴しました。

CBXは先日行われた記者会見で、INB100の親会社であるONE HUNDREDのチャ・ガウォン会長がイ・ソンス氏と昨年6月14日に行った通話記録を公開しました。

その際には、SMがアルバムの流通手数料率に関する約束を守らなかったと主張しました。

イ・ソンス氏は、15%の手数料率を5.5%に引き下げると口頭で約束したが、公式の合意書にはその内容が記載されていませんでした。

CBXはこの約束を履行していないとし、売上の10%を支払うような不当な要求があると主張しています。

さらに、CBXは今年の1月から6月まで、SMにIP使用料を支払っていないと明らかにしました。

CBXは合意書に署名しており、個人活動の売上の10%を支払うことが義務付けられていましたが、この義務を履行していないとしています。

SM側はCBXの非常識な行動に対し、契約履行請求訴訟を提起すると明らかにしました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

SM代表とEXOメンバーを詐欺容疑で告訴 ニュースについての感想

EXOのベクヒョン、シウミン、チェン(EXO-CBX)が所属事務所INB100と共に、SMエンターテインメントの代表を告訴したらしいよ!

違法行為を告発してるそうで、今後の展開が気になるね。

SMも法的手続きを進めていて、どうなるか注目だね。

SM代表とEXOメンバーを詐欺容疑で告訴 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

EXO ベクヒョン、シウミン、チェン、SM代表を詐欺の疑いで告訴 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

EXO-CBX、契約履行

EXO-CBXは、韓国の男性アイドルグループEXOのサブユニットであり、Baekhyun、Xiumin、Chenの3人で構成されています。契約履行とは、契約の条項や内容を遵守することを意味し、プロモーション活動やライブイベントへの参加などが含まれます。

IP使用料支払いをめぐる合意書

IP使用料支払いに関する合意書は、著作権や知的財産権を守るために重要な文書です。この合意書には、使用料金額や支払い条件、使用範囲などが明記されており、契約違反時の対処方法も記載されています。正確な情報を記載し、双方の権利を守ることが重要です。

合意書作成

合意書は、契約の内容や条件を明確にするための重要な文書であり、曖昧さや不確実性を避けるために作成されます。必要な情報や取り決めを明記し、関係者間での理解を促進する役割を果たします。万が一問題が生じた際には、合意書が証拠として重要な役割を果たすこともあります。

IP使用料の契約履行

IP使用料の契約履行は、知的財産権を持つ企業や個人が他者に対して特許や商標などの使用許諾料を支払う契約を指し、その契約を遵守し支払いを行うことが重要となる。

契約履行

契約履行は、当事者間の合意事項を実行し完了することを指し、契約の条件や義務を果たすことが含まれます。契約違反を避けるために、事前に条件を明確にし、必要な措置を講じることが重要です。

  • URLをコピーしました!