SNSのコメント欄を封鎖した理由、遠野なぎこさんが中傷と涙を告白 「ガリガリで気持ち悪いとか…もう限界だった」

ニュースの要約

1. 遠野なぎこのSNSコメントに心を病んでいる様子が明らかに
2. 非難や攻撃的なコメントによってストレスを感じている
3. 最終的にはコメント欄を閉鎖し、ファンに感謝と再開への可能性を示唆

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5a36505cd9be06591ae90218e0ded9a215d5a943

遠野なぎこ、中傷に涙 SNSのコメント欄を全て封鎖「ガリガリで気持ち悪いとか…もう耐えられない」

女優の遠野なぎこ(44)が、26日までに自身のインスタグラムを更新しました。

SNSのコメントに心を病んでいることをつづりました。

遠野は「何か、ちょっとInstagramのコメント欄を閉じようか悩んでいます。疲れてきちゃった」と投稿。

「私の病気や生活を理解して下さる方の方が圧倒的に多いのだけど。外見の事や生活に対する批判、更には愁くんの事まで干渉してくる」と、さまざまな声が寄せられているという。

非難の的になってしまうことについて「“SNSをしているから悪い”。それは違うと思うんだ。乱暴すぎる。発信すれば、何を言われてもいいなんて絶対違うよ」とし、「100%言い切れること。私は愁くんを愛しています。愁くんは噛み癖が多少減ってきて。今日も良く食べ、よく寝て、よく遊んでいます。私の愛を疑わないで下さい」と真意を伝えました。

其の後の投稿で「コメント欄は閉じる方向で進めています。やっぱりもう耐えられないや。私に対して自死を迫るコメントとかは、強いストレスと深い悲しみでしかなくて。病気でサイズダウンしているだけなのに、ガリガリで気持ち悪いとか」と吐露しました。

「一部の人達のコメントによって、皆さんの優しさに背いてしまってごめんなさい。そして、理解と背中も押してくれてありがとう。Instagram自体は、やめるつもりはないからね。いつもと変わらず繋がっていようね。今まで沢山のコメントをありがとう」とファンにメッセージを寄せました。

そして「泣いちゃった…」と投稿すると「感じやすく過ぎて、ごめんね。DMもコメントもメッセージも、あの後全て閉鎖しました」と報告。

「皆さんとのやり取りを楽しみにしていた場所なのに。悔しくて、申し訳なくて。私の心がもう少し強ければ、こんな事にはならなかったのに。本当に寂しいよ」とやるせなさをつづるも「もしまた再開出来そうな時が来たら、始めようね」としました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

SNS中傷に苦しむ遠野なぎこ、コメント封鎖へ ニュースについての感想

女優の遠野なぎこがSNSで心境を吐露。

「コメントに疲れてきちゃった」と悩みを投稿。

皆の優しさに感謝しつつも、一部の批判に耐えられずコメント欄を閉じる決断を告白。

愁くんを愛し、自分の病気や生活を理解して欲しいと訴える。

大変な決断だけど、また元気に戻って再開できたらいいね。

SNS中傷に苦しむ遠野なぎこ、コメント封鎖へ ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

遠野なぎこ、中傷に涙 SNSのコメント欄を全て封鎖「ガリガリで気持ち悪いとか…もう耐えられない」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

遠野なぎこのSNSストレス

遠野なぎこがSNSでのストレスや批判について語る。

SNSストレス解消

SNSストレス解消は、ソーシャルメディアでのネガティブな影響や過剰な情報量によるストレスを軽減するための方法やアプローチを指す。ストレス発生の原因を見極め、自己管理やデジタルデトックス、コミュニケーションスキルの向上などを通じて、健康的なSNS利用を促進する取り組みが重要となる。

SNSストレス解消Tips

SNSストレスを軽減するためには、定期的なデジタルデトックスやリアルなコミュニケーションを大切にし、比較や羨望の感情を抑えることが重要です。また、自分に合った情報収集や投稿スタイルを見つけることで、SNSを楽しむことができます。

自死コメント対策

自死コメント対策は、SNSやオンラインコミュニティで自殺に関する投稿や発言を防止するための取り組みであり、適切な監視や報告システムの導入、情報提供や支援リンクの設置などが重要である。

自死コメント制限

自死に関連するコメントや投稿を制限する取り組み。オンラインプラットフォームでは、自殺を助長する可能性があるため、注意が必要。自死をテーマとするコンテンツは慎重に管理されるべき。

  • URLをコピーしました!