EXILE HIROが語る、逆境を乗り越えた”EXILE結成時代”の思い

ニュースの要約

– EXILE HIROさんのダンスグループEXILEを結成したきっかけ
– ダンスの広まり方や変化についての考察
– ダンサーとアーティストをミックスさせた新しいアプローチ

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/81ecc6e24a75fd88c144556c03c78d5944e17f43

EXILE HIRO「『ボーカルが見えない』『ダンサーはいらない』と結構ひどいことも…」逆風のなか挑み続けた“EXILE結成時代”当時を回顧

TOKYO FMで深夜1時から放送される「TOKYO SPEAKEASY」に、LDH JAPAN代表取締役社長のEXILE HIROさんと、東京藝術大学学長の日比野克彦さんがゲストとして登場しました。

日比野さんが述べるところによれば、80年代には、昔からの美術や音楽のスタイルを壊し、新しいアプローチが進んでいたそうです。

ダンスもその一つで、かつては夜遊びとして見られていたのが、今では様々な形態で広がっているというお話もありました。

HIROさんは、EXILE結成時に「ダンサー」を「パフォーマー」と名乗り、新しいダンスのスタイルを提示したと語ります。

「プレイヤーとしてダンスをする傍ら、グループをプロデュースする」という自らの夢を追い求めてきたと振り返り、最初は批判もあったが、その結果、ダンスグループが当たり前に受け入れられる社会になったことに感慨を覚えると語りました。

まあさ、色々あるわさ。でも好きなんだよねー。ワクワクするニュースばかり!

EXILE HIROの挑戦:「ボーカルなし」「ダンサー不要」という道を進む逆境 ニュースについての感想

LDH JAPAN代表取締役社長のEXILE HIROさんが、80年代にダンスをぶっ壊し、多様なダンスを育てたエピソードに感動!

ダンサーがプロデューサーという形を切り開いた彼のパイオニア精神に尊敬!

頑張れEXILE!

EXILE HIROの挑戦:「ボーカルなし」「ダンサー不要」という道を進む逆境 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

EXILE HIRO「『ボーカルが見えない』『ダンサーはいらない』と結構ひどいことも…」逆風のなか挑み続けた“EXILE結成時代”当時を回顧 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ダンス革命 発展

ダンス革命は、ヒップホップやブレイクダンスなどのストリートダンスを中心にしたサブカルチャーが、世界中で急速に発展している現象を指す。ソーシャルメディアやダンスバトルの人気により、若者を中心にダンスの人気が再燃しており、新たなダンススタイルやトレンドが次々と生まれている。

パフォーマー挑戦

パフォーマー挑戦には、才能だけでなく努力が必要であり、自己表現を高めるための練習や経験が重要です。緊張や失敗を乗り越えるための精神力も求められます。成功するためには継続的な努力と向上心が不可欠です。

プロデューサー挑戦

プロデューサー挑戦は、自分のアイデアや才能を活かして新しいプロジェクトを立ち上げることに挑戦することを意味します。プロデューサーとしてのスキルや知識を磨き、成功に向けて努力を重ねることが重要です。

EXILEヒストリー復活

EXILEが長年にわたる活動の歴史を振り返り、過去の名曲やメンバーたちの軌跡をたどる“EXILEヒストリー”が再び開催され、ファンを感動させています。彼らの成長や変遷、そして今後の展望に注目が集まる。

ダンス革命のプロデューサー挑戦

ダンス革命のプロデューサーは、新しいダンススタイルやトレンドを生み出し、ダンサーたちに挑戦を与える重要な役割を果たしています。そのプロデューサーには独創性や先見性が求められ、常に新しいアイディアやコンセプトを生み出すことが重要です。成功するためには、ダンサーとのコラボレーションや才能の発掘、そして幅広い視点を持つことが欠かせません。

  • URLをコピーしました!