近鉄アート館の10周年記念イベント『春の演芸ウィーク』で桜花が歌う「ブギウギ講談」とは?

ニュースの要約

– 4月3日に大阪・近鉄アート館で開催
– 近鉄アート館復活10周年記念の「春の演芸ウィーク」1演目
– 出演者には玉田玉秀斎、前川歌名子、スイートルイジアナ楽団、桜花昇ぼる含む

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a893c1b54456c64abb37b44a9f76bfbce2f017d7

桜花昇ぼるが近鉄アート館復活10周年「春の演芸ウィーク」で「ブギウギ講談」にゲスト出演、5曲を歌う

4月3日、大阪の近鉄アート館で「ブギウギ講談~笠置シヅ子と服部良一の時代~」が開催されます。

これは、近鉄アート館が復活10周年記念として行う「春の演芸ウィーク」の第1演目です。

公演には、玉田玉秀斎さんや歌手の前川歌名子さん、スイートルイジアナ楽団の他、桜花昇ぼるさんがゲスト出演します。

第1部ではスイートルイジアナ楽団のライブがあり、第2部では玉秀斎さんのブギウギ講談や桜花さんの歌唱が披露されます。

桜花さんは服部良一が手がけた「ラッパと娘」「東京ブギウギ」「買い物ブギ」など5曲を歌います。

また、前川さんは淡谷のり子や美空ひばりの服部作品を歌う予定です。

イベント詳細は以下の通りです。

「ブギウギ講談~笠置シヅ子と服部良一の時代~」

2024年4月3日(水) 大阪府 近鉄アート館

出演:玉田玉秀斎 / 前川歌名子 / スイートルイジアナ楽団

ゲスト:桜花昇ぼる

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

近鉄アート館、春の演芸ウィークでブギウギ講談ゲスト出演 ニュースについての感想

4月3日に大阪・近鉄アート館で開催される「ブギウギ講談~笠置シヅ子と服部良一の時代~」は、春の演芸ウィークの1演目!

玉田玉秀斎や前川歌名子、スイートルイジアナ楽団、そして桜花昇ぼるが出演するんだ。

ブギウギ講談や服部良一の名曲が楽しめるから、絶対見逃せないよ!

近鉄アート館、春の演芸ウィークでブギウギ講談ゲスト出演 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

桜花昇ぼるが近鉄アート館復活10周年「春の演芸ウィーク」で「ブギウギ講談」にゲスト出演、5曲を歌う のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ブギウギ講談

ブギウギ講談は、日本の伝統的な語り芸の一つで、元々は明治時代に始まったとされる。講談師が三味線を弾きながら、歴史や物語を語るスタイルで、力強い語りと音楽が特徴。演目は様々で、時事問題や戦国武将の物語など幅広いテーマが扱われる。

良一のブギウギ講談

良一のブギウギ講談は、日本の伝統芸能である講談をベースに、ブギウギ音楽を取り入れた新しい形のエンターテイメント。講談師の語りとブギウギのリズムが融合し、観客を楽しませるパワフルなショーとなっている。オリジナルのストーリーやダンス、音楽が取り入れられることもあり、若い世代にも人気がある。

ラッパと娘 演芸ウィーク

ラッパと娘がコンビを組んで演芸ウィークに参加し、お笑いや音楽パフォーマンスで会場を盛り上げた。親子の絆やユーモアが感じられるパフォーマンスは観客から大きな拍手を浴び、イベントを盛り上げた。

「ラッパと娘」の新感覚コミック!

「ラッパと娘」は、父娘の日常生活を描いた新感覚のコミック。ラッパ奏者の父と、音楽が苦手な娘のコミカルなやり取りや成長を描いており、音楽や家族愛をテーマにした心温まるストーリーが魅力。読者の心を癒してくれる一冊。

前川歌名子の魅力

前川歌名子は、日本の作家であり、その奥深いストーリーテリングと独自の世界観で多くの読者を魅了しています。彼女の作品は、現代の社会問題や人間関係を描きながら、心理描写にも優れており、読者に深い感動や考えさせられる体験を与えてくれます。

  • URLをコピーしました!