エイミー・アダムス主演の新作ホラーコメディ、12月に全米公開

ニュースの要約

– 「Nightbitch」はレイチェル・ヨーダーの小説を映画化
– 主演はエイミー・アダムス、監督はマリエル・ヘラー
– 女性が犬に近づいていく怪奇なストーリー

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/343114f2a8b82e09d5c8c09b1defe110be45712f

エイミー・アダムス主演の新作ホラーコメディ、12月全米公開

マリエル・ヘラーが監督を務め、エイミー・アダムスが主演する新作映画「Nightbitch(原題)」が12月6日から全米で公開されることが発表されました。

この作品は、作家レイチェル・ヨーダーの同名小説を映画化したもので、アートギャラリーの仕事を辞めて子育てに専念する女性を描いたダークコメディホラーです。

主人公は、幼い子供に没頭する中で自分の変化に気づきますが、夫には真剣に受け止めてもらえず、学術書と母親たちのグループを頼りにすることになります。

映画化権を手に入れたのはアダムスの製作会社ボンド・グループとエリソンの製作会社アンナプルナで、サーチライト・ピクチャーズが世界配給権を獲得しました。

ヘラー監督が脚本を執筆し、アダムス、エリソン、アン・ケアリー、クリスティーナ・オーらがプロデュースに携わっています。

注目のトピック、見逃せないぜ!気になる情報だらけでヤバス!

「エイミー・アダムス主演、12月新作ホラーコメディ全米公開」 ニュースについての感想

新作「Nightbitch(原題)」が12月6日から全米公開!

女性が子育てに専念する中、自分の姿が犬に変わり始める物語。

夫に相談しても理解されない彼女が母親たちのグループに助けを求める展開とか、超楽しみ!

監督やプロデューサーも豪華すぎる♪

「エイミー・アダムス主演、12月新作ホラーコメディ全米公開」 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

エイミー・アダムス主演の新作ホラーコメディ、12月全米公開 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ミニー・ゲッツ大惨事

ミニー・ゲッツ大惨事は、アメリカ合衆国で発生した大規模な火災事故で、多くの犠牲者を出した事件である。1903年12月30日、シカゴの劇場で舞台俳優らが演じる喜劇が始まった際に、燃えたぎる炎が劇場内を襲い、パニックに陥った観客や出口の混雑などが原因で多くの死傷者が出た。火災が鎮火した後、犠牲者の多くは非常口が狭いため助からなかったと言われている。その後、建築基準の改善や安全対策の強化が行われ、同様の事故を防ぐための取り組みが進められた。

アートギャラリーとダークコメディ

アートギャラリーとダークコメディは、全く異なるジャンルの芸術表現であり、一見相反する要素を持つものの、その組み合わせは新たな魅力を生み出す可能性がある。アートギャラリーでの展示物がダークコメディの要素を取り入れることで、観客に深い感動や笑いをもたらす斬新な体験が提供されるかもしれない。

アートギャラリーで争奪戦!?

アートギャラリーでの人気作品における争奪戦や競り合いは、美術愛好家やコレクターの間でよく見られる光景です。希少性や評価の高さによって引き起こされる競争心は、芸術市場の活気と熱気を感じさせます。時には激しい入札合戦が繰り広げられ、高額で作品が取引されることもあります。これらの争奪戦は、アートの世界における興奮とスリルをもたらしています。

子育てアートギャラリー

子育てアートギャラリーは、子どもたちの創造力を伸ばす場として、様々なアート作品を展示する施設です。親子で楽しめるワークショップやイベントも開催され、子育て中の家族にとっての文化的な交流の場となっています。

争奪戦開幕

各企業が人材や市場シェアを巡って激しく争う競争の始まりを指す。新しいビジネス分野や新商品の投入など、市場での優位性を確立するために競争が激化する時期。

  • URLをコピーしました!