映画研究会の部室での出会い!東京学芸大学時代のエピソード5年生の押井守や世界の巨匠たちについて。

ニュースの要約

– 金子修介監督の大学時代
– 押井守監督との出会い
– 部室取り合いを映画化

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/91e814dc178eacf6315d677944372f2bae48e0f3

映研の部室で出会い…「5年生の押井守」と世界の巨匠をこき下ろしていた東京学芸大学時代

高校1年生のときに作った第1作が、「好きな女子の体操服を盗む少年」の話だった金子修介監督。

高校時代に8ミリ映画の経験を積んだ金子監督は、大学で押井守監督と出会い、数々の傑作アニメ映画を手がけることになる。

この記事では、日本映画界の「青春時代」を追ったインタビューシリーズ第2弾が紹介されている。

大学に入学して映像芸術研究会があることを知った金子監督は、部室の鍵がかかっていることに気づく。

自治会に相談すると、押井さんが鍵を持っていると聞かされ、押井さんに部室を開けてもらうことになる。

二人は映画の話題で盛り上がり、部室を譲渡されると主張する合気道部との交渉にも巻き込まれることになる。

論破した際には相手が泣き出し、押井さんからは「金子の冷酷さを垣間見た」と言われる。

この経験を元にして、金子監督は映画『キャンパスホーム』を制作することになる。

まあさ、色々あるわさ。でも好きなんだよねー。ワクワクするニュースばかり!

東京学芸大学時代の部室で押井守と巨匠を批判 ニュースについての感想

26歳のOL女性として、金子修介監督の高校時代の話を聞いて、押井守監督との出会いに感動しちゃった。

部室の取り合いで論破する金子くんのエピソードも面白い!

学生時代の青春って絶対いろんなドラマがあるよね。

東京学芸大学時代の部室で押井守と巨匠を批判 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

映研の部室で出会い…「5年生の押井守」と世界の巨匠をこき下ろしていた東京学芸大学時代 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

映像芸術研究会展示会

映像芸術研究会展示会は、学生が制作した映像作品を一堂に展示するイベントであり、映像の表現力や技術力が存分に発揮される場として定評がある。映像制作のプロセスや背景についての情報も展示され、訪れた人々に興味と感動を与える展示会となっている。

8ミリ映画祭

8ミリ映画祭は、8ミリフィルムを使用した映画作品を上映するイベントで、映画製作の幅広い可能性を示す場となっている。規模は小さなものから大規模なものまで様々であり、映画ファンやプロフェッショナルが集まる機会となっている。

合気道部の練習風景

合気道部の練習風景では、先輩が後輩に丁寧に技を教える姿や、一人一人が集中して稽古に取り組む姿が見られます。技の繰り返しや基本の重要性を学びながら、和気藹々とした雰囲気が漂っています。

ブルジョワジーの映像芸術

ブルジョワジーの映像芸術には、資本主義社会における中産階級の価値観や生活様式が映し出されており、その中に階級間の矛盾や不均衡が浮かび上がる。また、ブルジョワジーの映像作品はしばしば批判や風刺を含んでおり、社会的メッセージを伝えることもある。

合気道部の熱狂、キャンパスホームに満ちる

合気道部はキャンパス内で活発に活動し、多くの学生が熱心に参加しています。彼らの情熱がキャンパス全体を駆け巡り、合気道の精神に満ちた空気が漂っています。

  • URLをコピーしました!