魅力たっぷりの『家族ゲーム』森田芳光監督が日活で助監督としてデビュー

ニュースの要約

1. 金子修介監督は日活で助監督として活躍し、後に『家族ゲーム』や『メイン・テーマ』を監督した。
2. 森田芳光監督との関係では、嫉妬心を感じつつも、共通の興味や経歴から盛り上がり、協力し合う関係になった。
3. 嫉妬心は、8ミリ出身監督が出世する中での競争意識から生まれ、同じ大学映研出身の雰囲気を持つ森田監督に対する対抗心も含まれていた。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ba0ac789aceed6e4fe9f13897e7f582f4db1e4de

ロマンポルノの現場で出会った『家族ゲーム』森田芳光監督 <日活に助監督として入社>

大学を卒業した後、日活に入社した金子修介監督は、数々の監督たちの現場に助監督として参加しました。

後に『家族ゲーム』や『メイン・テーマ』を発表することになる森田芳光監督は、『の・ようなもの』が高い評価を受けていました。

金子監督は、森田監督が助監督の時の作品について語ります。「ピンクカット 太く愛して深く愛して」など、計3本です。

森田監督に対する金子監督の印象は、比較的嫉妬心が強かったと語りますが、お互い渋谷区出身で共通点が多く、楽しく協力していくうちに関係が深まったそうです。

金子監督は、森田監督に対する嫉妬心は、映画業界での競争や自身の監督デビューという意味合いがあったと述べましたが、映研の部室での出会いや共通の経験が、二人の関係を形作っていったと語ります。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

日活『家族ゲーム』の監督、森田芳光のキャリア ニュースについての感想

映研の部室で出会って、金子修介監督は森田芳光監督との関係に嫉妬心を語ります。

でも、一緒に作業する中でお互いの出身や共通点を見つけて楽しくなっていき、対抗心もあったけど協力し合う姿勢に変わっていったんだって。

ありがたいことなのかな。

日活『家族ゲーム』の監督、森田芳光のキャリア ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ロマンポルノの現場で出会った『家族ゲーム』森田芳光監督 <日活に助監督として入社> のニュース内容を理解するのにお役立てください!

監督助手募集

映画やドラマの撮影現場で監督をサポートする立場の助手を募集しています。撮影スケジュールの調整やキャスト、スタッフへの連絡、セットや衣装の準備など幅広い業務を担当します。映画製作に興味があり、コミュニケーション能力や組織力がある方が求められます。

ロマンポルノ監督助手

ロマンポルノ監督助手は、昭和時代に助監督として多く活躍した若手監督や脚本家の登竜門的存在であり、成熟した映画人材を輩出した。

東京学芸大学の修学旅行

東京学芸大学の修学旅行は、学生が日本の歴史や文化を学ぶための貴重な機会であり、都内を中心に様々な観光地や施設を訪れています。学生同士の交流や学びの深化に役立ち、多くの思い出を作ることができます。

東京学芸大学の修学旅行

東京学芸大学の修学旅行は学生たちが教育現場での実践や体験を深める機会として、全国各地や海外へ実施される学びの旅です。実地研修や実習、文化交流など多彩なプログラムが用意され、学生たちは専門知識を身につけるだけでなく、仲間との絆を深める貴重な体験をします。

イタリア料理で修学旅行 extravagance.

イタリア料理で修学旅行は、イタリアの豊かな食文化を体験しながら、学生たちにとって贅沢な時間となります。地中海沿岸の新鮮な食材を使ったパスタやピザなどの料理を楽しむだけでなく、その背景にある歴史や文化に触れることができます。修学旅行を通じて、食べ物だけでなく異文化に触れる貴重な機会となるでしょう。

  • URLをコピーしました!