「宇野鴻一郎の新作がついに公開!日本映画界に新風を巻き起こす」

ニュースの要約

– 金子修介監督は、ロマンポルノ『宇野鴻一郎の濡れて打つ』で監督デビュー
– 監督が俳優をコントロールするやり方に感心
– ロマンポルノの現場は手作りで自主映画に近い経験

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3d12b055a4dd84f9fbd84447f4202fce56986d41

『宇野鴻一郎の濡れて打つ』がアニメ『エースをねらえ!』のパロディになったわけ<日活ロマンポルノでついに監督デビュー>

WEBライターとして豊富な経験を持つあなたは、ロマンポルノの現場で監督として活躍する森田芳光氏との出会いから始まりました。

助監督として日活に入社した金子修介監督は、根岸吉太郎氏や神代辰巳氏など様々な監督のもとで学び、ついにロマンポルノ作品『宇野鴻一郎の濡れて打つ』で監督デビューを果たしました。

この作品は、アニメ『エースをねらえ!』のパロディとして生まれたもので、その裏話や日活幹部の反応についても語られています。

金子監督は、8ミリとプロの現場での違いについて尋ねられ、「照明に時間がかかること」を挙げつつも、本質的な違いは感じないと話しています。

自分が助監督であることを活かし、吸収しようとする気持ちが薄い自分を反省しているとも明かしています。

また、ロマンポルノの現場と8ミリの撮影現場に本質的な差を感じない自身に疑問を呈し、手作り感や自主映画的な要素を持つロマンポルノ作品に関わった経験についても語っています。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

『日活ロマンポルノ監督、宇野鴻一郎最新作』 ニュースについての感想

OL女性がロマンポルノ監督について語る。

金子監督は助監督から監督デビューし、アニメパロディ作品を手掛けた経緯を明かす。

プロの現場と8ミリの違いや、俳優のコントロールに感心するも、自分は吸収しづらいと振り返る。

セックス産業と手作り感がロマンポルノの魅力と話し、自由度はあまり感じなかったと述べている。

『日活ロマンポルノ監督、宇野鴻一郎最新作』 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

『宇野鴻一郎の濡れて打つ』がアニメ『エースをねらえ!』のパロディになったわけ<日活ロマンポルノでついに監督デビュー> のニュース内容を理解するのにお役立てください!

宇野鴻一郎の照明技術

宇野鴻一郎は、LED照明技術のパイオニアであり、早稲田大学教授も務める日本の科学者。バイオフォトニクスの研究で国際的に高い評価を受けており、照明技術の革新に貢献している。

宇野鴻一郎の助監督技術

宇野鴻一郎は、映画やドラマの助監督として数々の作品に関わり、その技術は高く評価されている。彼の助監督の技術は、細部まで気配りが行き届いており、作品の完成度を高める役割を果たしている。

宇野鴻一郎の助監督

宇野鴻一郎の助監督は、映画やドラマの製作において監督の補佐役として重要な役割を担います。役職や業界に精通していることはもちろん、コミュニケーション能力や協調性が求められるポジションでもあります。

宇野鴻一郎の照明-

宇野鴻一郎は、日本の照明デザイナーであり、照明のデザインと空間への影響に注力している。彼の作品は、照明が空間を変える力を表現しており、独自の美しさと機能性を兼ね備えている。

セックス産業の照明技師

セックス産業の照明技師は、エロティックな舞台や撮影現場で光の効果を最大限に活かすために、照明装置を設置・制御する専門家。衣装やセットデザインと連携し、雰囲気作りに欠かせない重要な役割を果たす。

  • URLをコピーしました!