吉沢亮、15年の俳優デビューを節目に上海国際映画祭でレッドカーペット&ワールドプレミアを飾る

ニュースの要約

1. 吉沢亮が主演する映画「ぼくが生きている、ふたつの世界」が上海国際映画祭のコンペ部門に出品、ワールドプレミア上映。
2. 吉沢が中国語で観客にあいさつし、感謝の気持ちを述べる。
3. 呉美保監督による「そこのみにて光輝く」の最新作で、吉沢は耳のきこえない両親の元で育った息子を演じる。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/fe4e1b23b8e589a28ee0a904949b585d018fcf21

吉沢亮「本当に幸せ」俳優デビュー15年の節目に上海国際映画祭レッドカーペット&ワールドプレミア

俳優の吉沢亮が主演する映画「ぼくが生きている、ふたつの世界」(呉美保監督、9月20日公開)が第26回上海国際映画祭のコンペ部門に出品され、ワールドプレミア上映されました。

吉沢は22日までにレッドカーペットや記者会見に参加しました。

吉沢が会見で「ニーハオ(你好)」と中国語であいさつすると、観客から歓声に包まれました。

続けて「僕がアクター(俳優)を始めて15周年ということで、こうやってたくさんの方に、この中国という場所で、みなさんとお会いできて、こうやって温かく迎えていただいて、本当に幸せな日だなと、喜びをかみしめております」と語り、再び中国語で「シエイシエイ(謝謝)」と感謝を述べました。

「そこのみにて光輝く」の呉監督による9年ぶりの長編最新作。吉沢は耳のきこえない両親の元で育った息子・五十嵐大を演じました。

「ものすごくチャレンジングな役ではあるなとは思いつつ、その演じている役の状況だったり、周りの環境はとても特殊ではあるんですけど、この作品で描いているのは、ものすごく普遍的な親子の関係というか、反抗期的なものであったり、でもその中に垣間見れる親子の愛みたいなことが、とても愛おしい」。

22日に表彰式が行われ、受賞はしなかった。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

吉沢亮、15年ぶりの節目を上海映画祭で祝う ニュースについての感想

吉沢亮主演の「ぼくが生きている、ふたつの世界」が上海国際映画祭に出品!

吉沢が喜びを語り、周囲から歓声を受ける場面も。

監督は9年ぶりの最新作で、吉沢が耳のきこえない両親の元で育った息子を演じる。

特殊な状況の中にも普遍的な親子の愛が描かれ、話題となっている。

受賞は逃したものの、素晴らしい映画に期待大!

吉沢亮、15年ぶりの節目を上海映画祭で祝う ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

吉沢亮「本当に幸せ」俳優デビュー15年の節目に上海国際映画祭レッドカーペット&ワールドプレミア のニュース内容を理解するのにお役立てください!

吉沢亮の作品展示

吉沢亮の作品展示は、俳優としての活動だけでなく、アーティストとしての一面も広く知られています。彼の独創的なアート作品はファンだけでなく、一般の人々からも注目されており、展示会は大きな話題となっています。

吉沢亮が上海映画祭で作品発表

吉沢亮は上海映画祭で最新作を発表し、国際的な注目を集めています。これにより彼の活躍はアジア市場でもさらに活発化しています。

吉沢亮の中国語作品

吉沢亮は、近年中国で人気を集めており、中国語の作品にも積極的に挑戦している。特に中国の若者層に支持され、映画やドラマなど幅広いジャンルで活躍している。

吉沢亮の中国語作品

吉沢亮は、近年中国で人気急上昇中の日本人俳優であり、中国での活動も積極的に展開している。彼の中国語作品は、視聴者から高い評価を得ており、中国ファンの間でも支持されている。

吉沢亮の親子作品

吉沢亮が製作総指揮を務め、自らが主演する映画「キセキ ーあの日のソビトー」は、吉沢亮とその父親が共同で制作した親子作品であり、家族の絆や成長を描いた感動作。

  • URLをコピーしました!