吉沢亮、上海国際映画祭で俳優デビュー15周年記念!主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』が世界初上映される。

ニュースの要約

1. 中国で行われた第26回上海国際映画祭で吉沢亮が主演した映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』のワールドプレミア上映が成功

2. 吉沢亮はアクターデビュー15周年を祝い、中国語で喜びを表現。映画は注目を集め、即日完売した

3. 自伝的エッセイを原作とした映画で、吉沢亮は耳のきこえない両親の元で育ち、主人公として普遍的な親子の愛を表現

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c2be422d835372e6bcb698a48a63ec4a320f9be3

吉沢亮、上海国際映画祭で俳優デビュー15周年の喜びかみしめる 主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』世界初上映

俳優の吉沢亮が、主演した映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』を携え、中国・上海で開催された「第26回上海国際映画祭」に参加しました。

ワールドプレミア上映が行われた21日、現地で俳優デビュー15周年を祝う機会に恵まれ、「すごくうれしい。喜びをかみしめております。(中国語で)謝謝!」と感極まりました。

映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』は、同映画祭のコンペティション部門に正式出品され、期間中、計3回の正式上映が即日完売するほど注目を集めました。

21日、上映会には吉沢、呉美保監督、山国秀幸プロデューサーが立ち会い、満員の観客と一緒に鑑賞しました。

上映後、呉監督と吉沢が舞台あいさつをし、中国語で名乗ると、大きな歓声が上がりました。

司会者が「吉沢亮さん、デビュー15周年おめでとうございます!」と言うと、客席からも拍手と祝福の歓声が起こりました。

吉沢は、映画祭への参加について「15周年という記念すべき日に、たくさんの方に温かく迎えられて幸せな日でした。いつか一緒に仕事をしたいと思っていた呉監督との出会いも感謝しています。今回の役はチャレンジングでしたが、普遍的な親子の関係や愛を描く作品に参加できて嬉しいです。」と笑顔で語りました。

本作は五十嵐大氏の自伝的エッセイを原作とし、吉沢は主人公・五十嵐大を演じています。

吉沢は、手話やコーダ環境に挑む難しい役どころについて「すべての役が好きですが、大という役には特別な愛着があります。手話の表現や環境への準備が多かった分、この作品に参加できたことを誇りに思っています。」と述べました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

吉沢亮、上海国際映画祭で15周年喜び 主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』初上映 ニュースについての感想

吉沢亮が中国で主演映画を披露!

ワールドプレミアでデビュー15周年を祝福され、「すごくうれしい!」と感激。

「ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと」は、現地でも大注目。

感慨深い舞台あいさつや観客とのやり取り、手話の練習での苦労など、吉沢の演技に感動した!

吉沢亮、上海国際映画祭で15周年喜び 主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』初上映 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

吉沢亮、上海国際映画祭で俳優デビュー15周年の喜びかみしめる 主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』世界初上映 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

映画祭の応募方法

映画祭への応募方法は、まず作品の情報や要件を確認し、応募用フォームに必要事項を記入して作品をアップロードする。応募料や締切日も重要な要素であり、選考結果は通知される。

吉沢亮主演の映画祭デビュー

吉沢亮が主演する映画が映画祭に初参加しました。

吉沢亮の自伝的エッセイ

吉沢亮の自伝的エッセイは、俳優としての活動だけでなく、彼自身の成長や人間関係についても綴られており、ファンだけでなく幅広い読者に共感を呼び起こす作品として注目されています。

吉沢亮主演の聾者ドキュメンタリー

「吉沢亮主演の聾者ドキュメンタリーは、聴覚障害を持つ人々のリアルな生活や困難、喜びを赤裸々に描いた作品。吉沢亮が演じる聴覚障害のある主人公が、日常の中で直面する様々な問題に向き合い、成長していく姿が感動的に描かれている。視聴者に聴覚障害者の世界に対する理解や共感を呼び起こす傑作となっている。」

感動の自伝映画、手話でつながる物語

感動の自伝映画で、手話を通じてコミュニケーションを図る物語が描かれている。手話の重要性やそれを通じた人間関係の深さがテーマとして掘り下げられている。

  • URLをコピーしました!