“魅力溢れるホリディムービー『ホールドオーバーズ』評論”

ニュースの要約

– キャッチコピー「深く、こく、やわらかい」という美酒のような効果
– 1970年代のノスタルジックな雰囲気と音楽
– ペイン監督の人間関係を重視したストーリーテリング

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6bf1585bdf69ace0e29df8b8b9cb803b8d4367fa

【「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」評論】深く、濃く、やわらかく、優しい。ノスタルジックな魅力溢れる人間讃歌

かつてウィスキーの広告で、「深く、こく、やわらかい」というキャッチフレーズがあったが、この映画はまさにそのような魅力を持っている。

優しい雰囲気でじわじわと心を温める、心地よい美酒のような効果を持っています。

主人公のポール(ポール・ジアマッティ)は酒好きで、アルコールが様々な場面で役立つ小道具として使用されることが多いため、お酒の広告を思い起こさせます。

物語は1970年、ボストン近郊の雪深い男子校を舞台にしています。

クリスマス休暇前夜に、いくつかの「訳あり」学生たちが置いてけぼりを食らいます。

その中で、新星の驚き、ドミニク・セッサ演じるアンガスだけが帰る場所を失い、冬休みを学校で過ごすことになります。

彼を見守るのは、気難しい教師ポールで、料理長メアリー(ダバイン・ジョイ・ランドルフ)も加わり、3人の奇妙な休暇が始まります。

キャット・スティーブンス、ザ・オールマン・ブラザーズ・バンド、バッドフィンガーなどの1960年代後半から70年代の音楽が多く使用され、レトロな雰囲気が懐かしい気持ちを誘います。

アレクサンダー・ペイン監督のアメリカン・ニュー・シネマへの畏敬が作品に現れ、ノスタルジアが満ち溢れています。

時代背景や暗い影も描かれますが、人間関係が重要なテーマとなっています。

ポールとアンガスの成長物語を通じて、ポジティブなメッセージが伝えられ、「素晴らしき哉、人生」という言葉が響きます。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

“感動と懐かしさが満ちるホリディ” ニュースについての感想

映画は、まるで美酒のように優しく温まる効果があるんだよ。

主人公ポールが酒好きで、アルコールが小道具として活躍するシーンが多いからさ。

1970年の全寮制男子校のクリスマス休暇を描いていて、不思議な休暇が始まるんだ。

音楽や映像もレトロな雰囲気で懐かしさを感じるし、人間関係や成長物語も描かれていて、親しみやすい映画だよ。

“感動と懐かしさが満ちるホリディ” ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

【「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」評論】深く、濃く、やわらかく、優しい。ノスタルジックな魅力溢れる人間讃歌 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

フィルム的な世界

フィルム的な世界は、映画のように鮮やかなイメージや情景が広がる空間を指し、現実とは異なる独自の世界観や物語が展開される様子を表現する際に用いられる言葉です。主に芸術作品や文学作品、映像作品などの表現手法として用いられ、視覚的に豊かな世界を創り上げることが特徴です。

レトロなニューシネマ

レトロなニューシネマは、昔ながらの映画の雰囲気やスタイルを現代に再現した作品のことを指す。ヴィンテージなセットや衣装、カメラワーク、音楽などを取り入れており、懐かしさや新しさを同時に楽しめる映画ジャンルとして人気がある。

ニューシネマの息吹

ニューシネマは、1960年代に世界各国で台頭した映画の新しい潮流であり、既存の映画制作体制に対する批判と革新を志向した映画運動である。フランスのヌーヴェルヴァーグ、日本のヌーヴェルヴァーグ・アプリが代表的であり、独自の視点や手法を用いて現代社会や人間の内面を描写している。

革新的な戦争映画

新しいアプローチやテーマを取り入れた戦争映画で、従来の作品とは一線を画す作品。時代背景やキャラクター、ストーリー展開において斬新さが際立つ。

イニシエーションのフィルム的な光景

イニシエーションのフィルム的な光景とは、新入生や部員が団結を深めるために行われる儀式やイベントのことを指し、映画の中で描かれるようなドラマチックな要素が含まれることが特徴です。.grp

  • URLをコピーしました!