第⼆次世界⼤戦下のデンマークで信念を貫こうとした家族の物語 映画『ぼくの家族と祖国の戦争』

ニュースの要約

– 第二次世界大戦下のデンマーク
– ナチス・ドイツの占領下の状況
– 難民受け入れと究極の選択

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0f5082a2385005f0d1501e87247c634226070e6e

第⼆次世界⼤戦下のデンマークで極限状況のなか信念を貫こうとした家族の物語 映画『ぼくの家族と祖国の戦争』

第二次世界大戦下の極限状況の中、かけがえのない信念を貫こうとした家族の感動の物語、映画『ぼくの家族と祖国の戦争』の予告映像が公開されました。

終戦1ヵ月前、混乱に陥ったデンマークに敗色濃厚となったドイツを脱出した20万人以上もの難民が押し寄せて来ました。

当時のデンマークはナチス・ドイツの占領下に置かれており、受け入れを拒否する選択肢はなかった。

現代を生きる私たちにとって大戦末期の知られざる歴史の1ページであるこの事実にインスパイアされ、『バーバラと心の巨人』のアンダース・ウォルター監督が感動の物語を完成させました。

1945年デンマークの市民大学。ドイツからの難民の受け入れという突然の事態に見舞われた学長ヤコブと妻リスは究極の選択を迫られていきます。

周囲の誰もが敵視するドイツ人を救うべきか否か。周囲からの目を気にして、飢えと病気に苦しむ子供を見過ごしてもいいのか。

本作は、その葛藤を見つめ、家族が戦争という巨大な暴力に脅かされながらも、懸命に人間性を保とうとする姿を感動的に描きます。

映画『ぼくの家族と祖国の戦争』は、2024年8月16日(金) 全国公開予定です。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

デンマークの家族の信念を貫く物語 映画『ぼくの家族と祖国の戦争』 ニュースについての感想

第二次世界大戦下、デンマークでの信念を貫いた家族の感動物語、『ぼくの家族と祖国の戦争』の予告編が公開!

史実に裏打ちされたドイツ難民受け入れの葛藤や人間性の葛藤に感動。

1945年デンマークを舞台に、敵視されるドイツ人を助けるか、目を気にして子供たちを見過ごすか、家族の葛藤生々しい。

2024年8月16日全国公開、必見!

デンマークの家族の信念を貫く物語 映画『ぼくの家族と祖国の戦争』 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

第⼆次世界⼤戦下のデンマークで極限状況のなか信念を貫こうとした家族の物語 映画『ぼくの家族と祖国の戦争』 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

デンマークの戦争

デンマークの戦争には中世から現代までさまざまな戦争があり、中世のバルト海やスカンディナヴィア地域での覇権争い、ナポレオン戦争や第一次世界大戦、第二次世界大戦などが含まれる。

家族の絆を取り戻そう

家族との絆を取り戻すためには、コミュニケーションを大切にし、お互いの気持ちを理解することが重要です。過去の出来事や意見の違いを乗り越えるためには、思いやりと尊重が必要です。時間を共有し、楽しい思い出を作ることも、家族の絆を深めることにつながります。

戦争の影響

戦争の影響は社会、経済、文化に及び、人々の生活や考え方に大きな影響を与える。政治的緊張、経済的困難、心理的苦痛などが戦争によって引き起こされ、戦争が終わった後もその影響は長期間に渡り続く。

“難民家族の戦争”

難民家族が戦争の影響を受けて生活の厳しさや心の傷を抱えている問題について探る。家族単位での避難や生活再建が困難な状況が続いており、支援や理解が必要とされている。

難民家族 reunification program

難民家族再統合プログラムは、離散した家族が再び一緒に暮らせるよう支援する取り組みで、国際的に重要視されています。プログラムは、難民や避難民を支援し、家族の再統合を促進するための手続きや支援サービスを提供しており、家族の分断や心理的影響を軽減する役割を果たしています。

  • URLをコピーしました!