杉田雷麟と寛一郎の新作映画『プロミスト・ランド』の魅力をご紹介します【インタビュー】

ニュースの要約

1. 東北の山間の町で熊狩り禁止の通達
2. 『プロミスト・ランド』映画化、マタギの物語
3. 撮影は自然と共存、寒さにも暑さにも挑戦

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9e4f7238ca7aff35d9387b24070e7879d0eeee58

「大きなスクリーンでこの大自然を楽しんでもらえたら」「いい時代の邦画の匂いを感じていただけたら」杉田雷麟、寛一郎『プロミスト・ランド』【インタビュー】

マタギの伝統を受け継ぐ東北の山間の町に、今年の熊狩りを禁止する通達が来た。

密猟とみなされ、マタギの生き方が困難になる。

だが、20歳の信行は、兄貴分の礼二郎から2人だけで熊狩りをする計画を打ち明けられ、一緒に山に入るが…。

飯嶋和一氏の小説を映画化した『プロミスト・ランド』が6月29日から公開。

主役の信行と礼二郎を演じた杉田雷麟と寛一郎に話を聞いた。

「脚本を読んだ時は、キャラクターの心情の変化が面白かった」「セリフのないシーンは難しかった」「撮影地まで歩いて行く時間が貴重」。

経験豊かな2人は山で撮影することの厳しさも語った。

「寒い日もあれば、暑い日もある。山での撮影は普段できない貴重な経験だった」と振り返る。

まあさ、色々あるわさ。でも好きなんだよねー。ワクワクするニュースばかり!

自然を大画面で楽しむ:杉田雷麟・寛一郎『プロミスト・ランド』【インタビュー】 ニュースについての感想

信行と礼二郎が熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』を演じた二人は、脚本の変化や寒暖差のロケについて語った。

自然との共存やセリフのないシーンの芝居が難しかったと振り返り、撮影中の苦労と経験を語った。

自然を大画面で楽しむ:杉田雷麟・寛一郎『プロミスト・ランド』【インタビュー】 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

「大きなスクリーンでこの大自然を楽しんでもらえたら」「いい時代の邦画の匂いを感じていただけたら」杉田雷麟、寛一郎『プロミスト・ランド』【インタビュー】 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

マタギ文化を描く

マタギ文化は、東北地方に伝わる狩猟民俗文化であり、自然との共生を大切にする狩猟者の生活様式や技術、信仰などが特徴的である。

熊狩り映画

熊との遭遇や狩りを描いた映画ジャンルで、自然の中での生存戦略や人間と野生動物との関係をテーマにする作品が多い。リアルな熊の迫力や危険性を描写することで、観客に緊張感やドキドキ感を与えることが特徴。

脚本 映画化

脚本が映画化される際には、原作のストーリーやキャラクターを忠実に再現することが求められる。映画化にあたっては、脚本家や監督の演出によって原作の世界観がどのように表現されるかが重要となる。

感動の脚本完成!

映画業界で高い評価を受ける脚本家が新作の脚本を完成させ、ファンや関係者を感動させました。

ロケ現場で熊狩りはじまる

映画のロケ現場で、熊が出没したため熊狩りが始まる。注意喚起のために地元住民には避難勧告が出され、係員が誘導にあたっている。

  • URLをコピーしました!