「三吉彩花が公式アンバサダーに就任!TikTok TOHO Film Festival 2024 開催決定」

ニュースの要約

– 東宝とTikTokが提携し、縦型映画を通じて新たなクリエイターを支援するプロジェクトを開催。
– 三吉彩花が第4回目のアンバサダーを務め、映画祭への期待を述べるコメントを発表。
– 応募条件は13歳以上で1分から10分の縦型映画作品の投稿。グランプリには賞金や東宝の制作権利が。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9203cc5284af9878d4f1230c3b4c3f57c3271e22

「TikTok TOHO Film Festival 2024」開催決定 三吉彩花が公式アンバサダーに就任

日本の代表的なエンターテイメント企業である東宝と、ショートムービープラットフォーム「TikTok」が協力して、新しい映画の形態である「縦型映画」を通じて、世界に羽ばたく新たなクリエイターと出会い、支援することを目指したプロジェクト、縦型映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2024」が開催が決定しました。

今回、4回目のアンバサダーには三吉彩花が起用され、6月26日から動画作品の応募を受付開始します。

映画祭では、過去に北村匠海、磯村勇斗、池田エライザがアンバサダーを務め、今回は三吉が期待に応えるコメントを寄せました。

昨年の映画祭では800本もの映画が応募されるなど盛況で、今回もグランプリや特別賞など様々な賞が用意されています。

審査対象は1分から10分の縦型映画で、13歳以上であれば誰でも参加可能です。

応募方法など詳細は公式ウェブサイトで確認できます。

期間は10月29日までで、12月頃に授賞式が予定されています。

新たな映画表現への扉を開き、多くの才能との出会いを楽しみにしています。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

2024年TOHO Film Festival、三吉彩花がアンバサダーに ニュースについての感想

東宝とTikTokがコラボしてる *縦型映画* プロジェクトが面白そう!

今年のアンバサダーは三吉彩花。

自分も出展してみるかな?

新たな映画の可能性を広げるってワクワクするね!

一緒に楽しみましょう!

2024年TOHO Film Festival、三吉彩花がアンバサダーに ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

「TikTok TOHO Film Festival 2024」開催決定 三吉彩花が公式アンバサダーに就任 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

縦型映画の魅力

縦型映画は、独特の映像美や臨場感、没入感を生み出し、新しい映画鑑賞体験を提供しています。映画館での上映が増加する中、スマートフォンの縦画面向けに制作された作品も注目を集めています。立体感や没入感を強調し、映画に新たな可能性を見出す動きが広がっています。

TikTokで異色賞を獲得

若手ダンサーがTikTokでの創造性溢れる挑戦が評価され、異色賞を獲得しました。彼の斬新な動画は幅広い世代から支持を集め、SNS上で話題となっています。

異色賞受賞者発表

異色賞は、他の賞とは異なる視点やアプローチを示す作品に与えられる特別な賞であり、新しい評価基準や価値観を提示する役割を果たす。異色賞受賞者の作品は、時には前衛的で斬新な内容を持ち、社会や芸術界にインパクトを与えることもある。

「GEMSTONEの異色賞」

GEMSTONEの異色賞は毎年、ジュエリーデザインコンテストで注目を集める特別な賞であり、斬新で魅力的なデザインが審査基準となる。この賞を受賞したデザイナーは、新たな才能を発揮し、業界内での知名度を高める機会を得ることができる。

アンバサダーの縦型映画

アンバサダーの縦型映画は、スマホやSNS向けに縦画面で制作された映画。モバイル端末での視聴に最適化されており、独自の映像表現やストーリーテリングが特徴。若者を中心に人気を集めており、映画界に新たなトレンドを生み出している。

  • URLをコピーしました!