『九十歳。何がめでたい』の俳優、片岡千之助が語る重要なメッセージ

ニュースの要約

– 佐藤愛子さんのエッセイを原作とした映画が公開
– 物語は90歳の老作家と若手編集者の交流から始まる
– 物語はユーモア溢れる老作家の再挑戦と成功を描く

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ecab4bb9062ec466032d767d1aeba6dabbef6118

映画『九十歳。何がめでたい』で若手編集者を演じた片岡千之助「大変な時代を生き抜いた人の言葉や生き様を受け継がないと社会が続いていかない」

佐藤愛子さんのエッセイを原作とした映画『九十歳。何がめでたい』が6月21日に公開されました。

物語は、90歳になった老作家・佐藤愛子(草笛光子)が女性誌『ライフセブン』の編集者・吉川真也(唐沢寿明)に連載を頼まれるところから始まります。

諦めない吉川から連載を依頼され、破れかぶれの気持ちで再び筆を執り、90歳を過ぎた愛子が感じた時代のズレや身体の衰えをユーモラスに綴り、単行本『九十歳。何がめでたい』が意外なベストセラーになるまでの国民的エッセイの誕生を描いています。

愛子の担当編集者となった吉川とは対照的な、常にクールな印象の若手編集者を演じた片岡千之助さん。

礼儀正しい好青年であり、自らを演じるのは大変だったそうです。

草笛さんとは家族同士の交流があり、共通点もあるようです。

千之助さんは、映画や原作に共感し、大変な時代を生き抜いた人々の言葉や生き方を学ぶ必要性を強調しています。

唐沢さんとのシーンでも印象に残っていることがあり、吉川のパワハラのシーンでの心境も語っています。

まあさ、色々あるわさ。でも好きなんだよねー。ワクワクするニュースばかり!

片岡千之助が語る時代の叡智 ニュースについての感想

佐藤愛子さんのエッセイを原作とした映画『九十歳。何がめでたい』が6月21日に公開された。

断筆宣言をした90歳の老作家・佐藤愛子が女性誌『ライフセブン』の編集者・吉川真也に連載を依頼され、苦労やユーモア溢れる物語が国民的ベストセラーに!

千之助さん演じる編集者は、礼儀正しくて、でも若手編集者を演じたり、「ネットで注文した」って言い切ったり、一味違う新世代の登場にワクワク!

片岡千之助が語る時代の叡智 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

映画『九十歳。何がめでたい』で若手編集者を演じた片岡千之助「大変な時代を生き抜いた人の言葉や生き様を受け継がないと社会が続いていかない」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

感動の映画原作【10文字】

感動の映画原作には、小説やマンガなどの原作から制作された映画作品が含まれます。これらの作品は、原作のストーリーやキャラクターを大切にしながら、映画ならではの表現や演出を加えて、視聴者の感情を揺さぶります。原作ファンにとっても新たな発見や感動が待っている作品が多いため、注目されています。

老作家の挑戦

老いた作家が新たなジャンルに挑戦し、自身の人生経験や知識を活かして、新たな創作に挑戦する姿を描いた作品や記事が多く存在。時には若手作家に勇気やインスピレーションを与える存在としても注目されている。

若手編集者の挑戦

若手編集者が編集業界で成功するためには、熱意と向上心が不可欠であり、常に新しいことに挑戦し続ける姿勢が重要です。経験豊富な先輩からのアドバイスやフィードバックを積極的に取り入れながら、自らも積極的に提案やアイデアを発信することで、能力を高めていくことが大切です。

老作家と礼儀正しい関係

老作家と礼儀正しい関係では、若手が敬意を示し、経験を生かしたアドバイスを受けることが重要。お互いに気遣いや敬意を持ち合うことで、円滑なコミュニケーションが図れる。

若手編集者の挑戦

若手編集者が新しい視点やアイデアを活かし、積極的にチャレンジすることで、既存の枠組みを超えたコンテンツ制作が可能となり、読者に新しい価値を提供することができる。

  • URLをコピーしました!