PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』清原惟監督が日本での“凱旋”を喜び 「すごくうれしい」

ニュースの要約

– 第26回PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』初日舞台挨拶
– 清原監督、出演陣登壇
– 多摩ニュータウンを舞台に異なる3人の女性の“ある日”を描くドラマ

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3c3dfa91908d39a3ac77e838399bda6f10818c40

PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』日本“凱旋” 清原惟監督「すごくうれしい」

第26回PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』は、清原惟監督による作品です。

この作品の初日舞台挨拶が3月2日、東京・渋谷ユーロスペースで行われ、清原監督をはじめ、出演者の兵藤公美、大場みなみ、内田紅甘、遊屋慎太郎が登壇しました。

受賞作品『わたしたちの家』でグランプリを受賞し、注目を集めた清原監督は、東京郊外の街・多摩ニュータウンを舞台に、異なる世代の3人の女性それぞれの“ある日”を描いた温かいドラマです。

昨年、全米で先行公開された本作が日本で凱旋し、清原監督は観客に感想を聞きたいと呼びかけました。

清原監督は、多摩ニュータウンが彼の出身地であるため、地域の人々が良くしようとする歴史が詰まっていることに感動しました。

作品には地元住民もエキストラとして参加し、素晴らしい試みも見られます。

舞台挨拶後、清原監督は劇場ロビーでファンと交流し、パンフレットも自ら手作りしたことを明かしました。

出演者たちも作品について共感を示し、地形と歴史の連なりを感じ取りました。

音響の魅力や作品の制作過程についても語られ、観客の期待を高めました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』監督「すごくうれしい」 ニュースについての感想

PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』が涙と笑いを届ける素敵な映画で、東京の多摩ニュータウンを舞台にしたストーリーにグッときちゃった!

監督や出演者の熱い思いが伝わってきて、感動の初日舞台挨拶に大満足だったな。

これからも清原監督の作品に期待しちゃうよ!

PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』監督「すごくうれしい」 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

PFFスカラシップ作品『すべての夜を思いだす』日本“凱旋” 清原惟監督「すごくうれしい」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

映画監督デビュー

映画監督デビューは才能を発揮し、新たな扉を開くチャンスであり、自身のヴィジョンや物語を映像化する機会を得ることができる。成功の鍵は熱意と努力にあり、経験や知識を活かして、観客に感動を与える作品を創造することが重要だ。

初長編映画監督

初長編映画監督は、長編映画を製作する際に興行収入や批評的評価を考慮しながら、ストーリーテリングや演出の面で独自の視点を持ち、映像作品の制作全般を監督する責任者。長編映画の監督デビューは、映画界での信頼や成功に大きな影響を与える。

初長編映画監督

初長編映画監督とは、これまでに短編やドラマなどで実績を積んだ監督が初めて長編映画を手がける際のことを指す。長編映画制作にはそれまでの経験を活かしつつ、新たな challenges や規模の大きさに対応する能力が求められる。

初長編映画、ユーロスペースへ

映画監督浅井孝幸による初長編映画『ユーロスペースへ』は、日本の若者達とフランス人青年の出会いと成長を描いた作品。1993年の公開後、国内外で高い評価を受け、浅井の独自性と斬新な映像表現が注目された。

「音響技術で魅了する映画監督」

映画監督が音響技術を駆使して作品をより魅力的に表現する取り組みが増えている。映像と音楽、効果音の組み合わせによって視聴者の感情や興奮を高める手法が注目されており、映画制作において音響技術の重要性がますます高まっている。

  • URLをコピーしました!