“NCF新映画レーベルが誇る、二ノ宮隆太郎監督の最新作!”

ニュースの要約

1. 新映画レーベル「NCF」設立、国内外発表
2. 配給網独自に構築、U-NEXT協力、TVOD制
3. 作家性重視、収益50%作り手還元、映画定義改革へ挑戦

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3bbbc33d9f10dbdfe841f8af0acdfbfc702c6f8e

作品性・作家性重視の邦画新映画レーベル「NCF」設立 第1弾は二ノ宮隆太郎監督新作

国内外で高品質な邦画を制作し、作品性と作家性を重視した映画を提供することを目指す新しい映画レーベル「New Counter Films」(NCF)が設立されました。

第1弾作品は、二ノ宮隆太郎監督による映画「若武者」で、坂東龍汰、高橋里恩、清水尚弥が主演します。

NCFは、製作と配給を手がけるコギトワークスが、U-NEXTとの連携により設立されました。

コギトワークスは、国内の単館系のミニシアターと海外のアートハウス劇場に作品を提供し、さらにU-NEXTを利用してTVOD制の同時配信も行います。

NCFは作家至上主義ではなく、プロデューサーが監督のポテンシャルを最大限に引き出し、作品を観客に提供する場と位置付けられています。

また、全体収益の50%を作り手に還元する配分構造を導入する予定です。

映画と配信の関係については、業界全般に影響する課題も存在しますが、NCFは劇場と配信を組み合わせて、観客に新しい映画体験を提供することを目指しています。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

「NCF」新映画レーベル誕生!二ノ宮隆太郎監督作第1弾 ニュースについての感想

国内外に良質な邦画を発表する新映画レーベル「New Counter Films」が設立。

第1弾作品「若武者」は5月25日に世界同時公開。

コギトワークスが配給網を駆使し、U-NEXTと協力。

収益の50%を作り手に還元。

劇場と同時配信で映画館での公開を求める変化を目指す。

二ノ宮監督の最新作は、暴力に変化していく物語。

作品に自信を示し、日本映画の多様性をアピール。

「NCF」新映画レーベル誕生!二ノ宮隆太郎監督作第1弾 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

作品性・作家性重視の邦画新映画レーベル「NCF」設立 第1弾は二ノ宮隆太郎監督新作 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

新レーベル立ち上げ!

新レーベル立ち上げ!音楽業界で注目を集める新しいレコードレーベルが誕生しました。若手アーティストの発掘やサポートに重点を置き、音楽シーンに新しい風を巻き起こすことを目指しています。発表されたアーティストやリリース予定の楽曲にも注目が集まっています。

新レーベルの主演俳優

新レーベルの主演俳優には、若手からベテランまで幅広い俳優が選ばれる。実力派俳優の起用や注目の若手俳優の抜擢など、新たな挑戦や意欲的な興行を展開している。

主演俳優が映画館で邦画を紹介

主演俳優が映画館で邦画を紹介するイベントは、俳優の魅力を存分に活かし観客との距離を縮めることができる。映画ファンにとっては、俳優のコメントや裏話を聞くことができる貴重な機会となる。また、映画の魅力を伝える新たな方法として、俳優の参加は作品のプロモーションにも効果的である。

期待の新レーベルの主演俳優へ。

期待の新レーベルの主演俳優は、注目の若手俳優が起用されており、今後の活躍が期待されています。新たな挑戦に意欲的な姿勢が好評で、ファンからも期待が高まっています。

新レーベルの映画、プロデューサーからの挑戦

新レーベルの映画制作は、プロデューサーたちの新たな挑戦として注目されています。彼らは独自のコンセプトや斬新なアイデアを基に、今までにない作品を生み出すことに挑戦しています。映画ファンにとっても新たな楽しみや感動を提供することが期待されています。

  • URLをコピーしました!