「任天堂がNINTENDO64を発売!ゲーム業界の歴史をマンガで振り返ろう!」

ニュースの要約

– 1996年6月23日、任天堂はNINTENDO64を発売。国内554万台、世界3,293万台販売。
– NINTENDO64は64ビットCPU搭載のスーパーファミコン後継機。ローンチタイトルは3作品。
– ローンチタイトルの「スーパーマリオ64」は3D表現が特徴。3Dスティックを活用した多彩なアクションが可能。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5f782a93ba465c03b049b233dbf451dfb9077da8

【今日はなんの日?】マンガで振り返るゲーム業界:任天堂がNINTENDO64を発売(1996年6月23日)

1996年6月23日、任天堂がゲーム機NINTENDO64を発売しました。

当時の本体価格は25,000円で、国内では554万台、世界累計では3,293万台を販売しました(※CESAゲーム白書)。

開発中は「ウルトラ64」というコードネームで呼ばれ、64ビットCPUを搭載したスーパーファミコンの後継機として登場しました。

ローンチタイトルは「スーパーマリオ64」(任天堂)、「パイロットウイングス64」(任天堂)、「最強羽生将棋」(セタ)の3タイトルでした。

特に「スーパーマリオ64」では、NINTENDO64の性能を活かし3D表現が取り入れられ、ゲーム本編だけでなく、3Dのマリオの顔を操作するギミックも楽しめました。

任天堂はセガサターンやプレイステーションに約1年半遅れて登場し、「ゲームが変わる。64が変える」というキャッチコピーでNINTENDO64を市場に送り込みました。

本機の優れた性能や革新的なゲームプレイは多くのプレーヤーに注目され、特に「スーパーマリオブラザーズ64」はそのインパクトが大きかったです。

これを機に、2Dから3Dへと進化したマリオのアクションや自在な動きなど、ゲーム業界に大きな影響を与えました。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

マンガで振り返る任天堂のNINTENDO64発売記念【6月23日】 ニュースについての感想

1996年6月23日、任天堂がNINTENDO64を発売!

国内では554万台、世界で3,293万台販売!64ビットCPUを搭載したスーパーファミコンの後継機。

ローンチタイトルは「スーパーマリオ64」、「パイロットウイングス64」、「最強羽生将棋」。

スーパーマリオ64では3D表現満載、顔を動かして遊べるギミックも!

1年半の遅れで「ゲームが変わる。64が変える」のスローガンで登場。

旧シリーズ作品から3D化、3Dスティックで自由自在に動くマリオは衝撃的!

ゲーム業界の歴史をマンガで振り返る楽しいコーナー!

マンガで振り返る任天堂のNINTENDO64発売記念【6月23日】 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

【今日はなんの日?】マンガで振り返るゲーム業界:任天堂がNINTENDO64を発売(1996年6月23日) のニュース内容を理解するのにお役立てください!

マリオ新作発売

マリオ新作は、任天堂が開発・発売したスーパーマリオシリーズの最新作であり、ファン待望の作品である。通常の2D横スクロールアクションから、3Dオープンワールドまでさまざまなシリーズが展開されており、新作も期待が高まっている。

マリオの3D表現

マリオの3D表現は、初代「スーパーマリオ64」から始まり、スムーズな移動と多彩なアクションが特徴。その後も「スーパーマリオサンシャイン」や「ギャラクシー」シリーズなどで進化を遂げ、キャラクターの魅力を存分に引き出している。

マリオの3D進化

マリオシリーズは、2Dから3Dへと進化を遂げ、スーパーマリオ64の登場により3Dの新たな世界が広がった。その後も、ギャラクシーシリーズやオデッセイなど、革新的なゲームプレイやグラフィックで多くのファンを魅了してきた。

「マリオ」が描く3D世界

「マリオ」が描く3D世界は、ゲーム業界に革命をもたらした作品であり、様々な挑戦とユニークな要素が注目されています。王国を舞台にした冒険やキャラクターの魅力は、多くのファンを魅了し続けています。

マリオのゲーム歴

マリオのゲーム歴は、1981年に初登場した『ドンキーコング』から始まり、以降さまざまな作品がリリースされている。その中でも代表作は『スーパーマリオブラザーズ』シリーズで、ジャンプやアクション要素が特徴。他にも、『マリオカート』や『スーパーマリオ64』など、幅広いジャンルで展開されており、数々の名作を生み出している。

  • URLをコピーしました!