なにわ男子・大橋和也が驚きの吸引力を体験!給水&排水もできるハイテク掃除機に挑戦!

ニュースの要約

1. 最新掃除機:ロボット型とスティック型
2. ロボット型派:スマホ操作で進入禁止設定、全自動水拭き
3. スティック型派:軽量・吸引力アップ、紙パック式・軽量掃除機

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ab276efe24c17f545d7eb4a7e42c19689b64ead7

なにわ男子・大橋和也が二極化する掃除機でお掃除体験!給水&排水も行うハイテク掃除機にボウリング球を持ち上げる脅威の吸引力も!

梅雨シーズンが到来し、カビが繁殖しやすくなるこの時期は、掃除をする人も多いですね。

そこで今回は、最新の掃除機「ロボット型」と「スティック型」を比較してみます。

最新掃除機を選ぶなら、全自動で水拭きもしてくれる「ロボット型」か、軽量で持ち運びやすい「スティック型」か、どちらが良いでしょうか。

大橋和也さんが実際にお掃除を体験し、それぞれの魅力を報告します。

まずは「ロボット型」から。

2024年4月に発売された、アイロボットの最新機種「ルンバ」は、エッジクリーニングブラシで壁際のゴミをかき出し、デュアルアクションブラシで汚れを取り除きます。

さらに、スマホでエリアを指定したり、拭き掃除を同時に行うこともできます。

次に、2024年5月に発売された「SwitchBot お掃除ロボットS10」は、配管につなげて水拭き掃除後の汚い水を自動で排水する機能があります。

驚きの新機能が盛りだくさんなんです!

注目のトピック、見逃せないぜ!気になる情報だらけでヤバス!

なにわ男子・大橋和也がハイテク掃除機で掃除体験&ボウリング球持ち上げる! ニュースについての感想

最新のロボット型掃除機とスティック型掃除機を比較!

オシャレOLも注目のハイテクさに驚き!

掃除機を選ぶなら「全自動水拭き」の「ロボット型」派?

それとも「軽量&吸引力アップ」の「スティック型」派?

なにわ男子の大橋和也もお掃除体験!

今度のお掃除機は選び放題!

なにわ男子・大橋和也がハイテク掃除機で掃除体験&ボウリング球持ち上げる! ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

なにわ男子・大橋和也が二極化する掃除機でお掃除体験!給水&排水も行うハイテク掃除機にボウリング球を持ち上げる脅威の吸引力も! のニュース内容を理解するのにお役立てください!

スティック型掃除機ポータブル設計

スティック型掃除機は、軽量で使いやすいポータブル設計が特徴で、家具の下や隙間の掃除に便利。バッテリー式でコードレスなので、移動や収納も簡単。吸引力やバッテリー持続時間など性能も向上し、最近では多機能な機種も増えている。

スティック型掃除機で楽々キレイ♪

スティック型掃除機は、軽量で使いやすく、家の隅々まで楽に掃除できる便利な家電アイテムです。コードレスタイプや吸引力が強力なモデルも多く、最近では人気が急上昇しています。

エッジクリーニングブラシ

エッジクリーニングブラシは、家庭やオフィスで使われる掃除道具で、細かい隙間や角を掃除するのに適しています。柄の先端がV字型になっており、隅や縁に残ったホコリや汚れを効果的に取り除くことができます。

ダスト容器リサイクル方式

ダスト容器リサイクル方式は、使用済みのゴミ箱やゴミ袋をリサイクルして再利用するシステムで、環境負荷を軽減する取り組みの一つ。用户が使用後に回収され、清掃や修理を経て再利用されることで、廃棄物の削減とリサイクル率の向上が図られている。

進入禁止エリア対応の掃除機

進入禁止エリア対応の掃除機は、センサーやソフトウェアを活用して、制限されたエリアでの自動清掃を可能にします。障害物を回避しながら効率的に掃除を行い、無人での運転が可能なため、施設や店舗など幅広い場所で活用されています。

  • URLをコピーしました!