テレビがつまらない理由、グルメや旅番組ばかりになった訳とは?

ニュースの要約

– 2023年度のPUT(総個人視聴率)が急落
– プライム帯のPUTは3年で4.5%も下落
– テレビ界は苦境に追い込まれており、スポンサーや広告収入にも影響

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7e6cb4e8fe7295e368fa5053dfdc8ff5a469878f

いつの間にか「グルメ」「旅」「仰天事件簿」ばかりに…テレビが本当につまらなくなった

テレビが急につまらなくなった。

それは2023年度のPUT(総個人視聴率)に現れている。

プライム帯のPUTはこの3年で4.5%も下がった。

関東地方では約189万人のリアルタイム視聴者がいなくなった。

かつて”娯楽の王様”と呼ばれたテレビ、一体何が起きているのか?(視聴率はビデオリサーチ調べ)

全体的なPUTは2021年度から昨年度まで3年連続で低下している。

全日帯は21年度の21.8%から昨年度の18.8%に。

プライム帯は33.6%から29.1%にまで落ちてしまった。

PUTの低下はテレビ業界が厳しい状況にあることを示している。

実際、PUTの低下により、スポットCMを中断または減らすスポンサーも出てきている。

PUTの低下にもかかわらず、録画視聴の時間は過去10年間横ばいであり、Tverの視聴状況も正確に把握するのは難しい。

ドラマのファンたちはTverを回し、再生回数に影響を与えているが、これが組織票と同様の問題を引き起こす可能性がある。

Tverの視聴率全国調査が来年10月以降始まる予定であり、民放各局のTver広告収入は拡大しているものの、まだCM収益の一部にすぎない。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

テレビ番組がマンネリ化、魅力を失った? ニュースについての感想

テレビ視聴率急落、プライム帯PUT約189万人減少。

テレビ業界苦境でスポットCMやスポンサー減、録画視聴も横ばい。

Tver再生回数最高記録更新も完視率低く信頼性揺らぐ。

ビデオリサーチがTver視聴率調査開始、民放各局Tver広告売上増加も課題多数。

テレビ番組がマンネリ化、魅力を失った? ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

いつの間にか「グルメ」「旅」「仰天事件簿」ばかりに…テレビが本当につまらなくなった のニュース内容を理解するのにお役立てください!

スポットCMの視聴率向上術

スポットCMの視聴率を向上させるためには、ターゲット層に合った言葉遣いや演出を工夫し、メッセージをわかりやすく伝えることが重要です。また、放送時間や頻度、放送局の選定も視聴率に影響を与える要素となります。その他、SNSやYouTubeなどのデジタルメディアを活用して、広告露出の機会を増やすことも効果的です。

スポットCMの視聴率が急上昇

スポットCMの視聴率が急上昇しており、企業の広告効果が高まっている可能性があります。この現象は、効果的なキャッチコピーや映像表現が視聴者に強く訴えることができたためと考えられます。CM制作においては、視聴者の心に響くコンテンツを提供することが重要となります。

スポットCMの新戦略

スポットCMの新戦略とは、放送回数や時間帯を最適化し、ターゲット層によりメッセージを効果的に届けることを重視した広告戦略のこと。データ分析や効果測定を活用し、より効果的な広告展開を目指す。

Tverの視聴率

Tverの視聴率は、地上波放送と比較してまだ低いものの、急速に伸びており動画配信市場での地位を確立している。そのユーザー層は若年層が中心であり、特にドラマやバラエティ番組が人気を集めている。テレビ業界の今後の展望において注目されているプラットフォームと言える。

Tver再生回数急増

Tverが提供する動画コンテンツの再生回数が急激に増加しており、テレビ番組や動画配信サービスとの差別化を図るために、公式YouTubeチャンネルやSNSを活用したプロモーションが積極的に展開されている。

  • URLをコピーしました!