松岡充氏は「1億円を受け取ったと思っていたが、実は損失を被った」と証言。

ニュースの要約

– aikoが代表取締役の芸能事務所「buddy go」に関する問題
– 元取締役・千葉篤史被告の会社法違反の罪に関する第2回公判
– 松岡充が千葉被告の給料についてコメント

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/464991e36eaf61434d1e703e0292c30190c4e9c6

松岡充 aiko事務所の元取締役は「十分もらってたと思う」1億円損害「強欲なものが出た」

ロックバンド「SOPHIA」の松岡充(52)が、23日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」に出演しました。

歌手のaiko(48)が代表取締役を務める芸能事務所「buddy go」の問題に触れました。

同事務所に約1億円の損害を与えたとして、元取締役の千葉篤史被告の第2回公判が18日、東京地裁で行われました。

公判に出廷したaiko本人は、「(被告に)洗脳されていた。逆らえば音楽制作が止まってしまう恐怖があった」と証言しました。

千葉被告は、ツアーグッズを高い代金で知人から仕入れ、その差額を自分の口座に入金し、ブランド品などに使用したとされていますが、無罪を主張しています。

松岡は千葉被告の給料について「十分もらってたと思いますよ。 (損害は)1億でしたっけ?そんなもんじゃないです。絶対に違う。だからよっぽど強欲なものが出たんでしょうね」と述べました。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

元aiko事務所取締役、松岡充の1億円損害訴訟 ニュースについての感想

SOPHIAの松岡充さんがワイドナショーに出演!

aikoが経営する事務所のトラブルにコメント。

aikoが証言し、「洗脳されていた」と明かす。

千葉被告は無罪主張。

松岡さんは「損害が1億って…?うーん、きっともっと違うはず!」と話していた。

元aiko事務所取締役、松岡充の1億円損害訴訟 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

松岡充 aiko事務所の元取締役は「十分もらってたと思う」1億円損害「強欲なものが出た」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

千葉篤史の急成長

千葉篤史は自己啓発やモチベーションの分野で急成長し、多くのフォロワーを持つ有名な講演家である。彼の人気の秘密は、明快でわかりやすいメッセージと熱意溢れるパフォーマンスにある。ただ単に成功法則を教えるだけでなく、人々の心に響く言葉で多くの支持を集めている。

千葉篤史のbuddy go

千葉篤史のmanga『buddy go』は、プロ野球選手とボーイズラブを結びつけたユニークなストーリーで人気を集めています。主人公のジュンは、野球が大好きな高校生で、優秀な捕手として注目を集めます。しかし、そんな彼の前に現れるのは、同じクラスのイケメンで野球嫌いの新入生・柊。お互いの違いを超えて野球を通じて絆を深めていく姿が描かれ、読者を魅了しています。

芸能事務所の闇

芸能事務所の闇には、契約違反や人権侵害、金銭トラブルなど、様々な問題が存在し、芸能界で活動するタレントやアーティストが直面する厳しい現実が明らかになっています。事務所独自のルールや取り決めがあり、その中での活動が求められる一方で、不当な条件や待遇に苦しむケースも後を絶ちません。

千葉篤史の会社法違反

千葉篤史の会社法違反に関する事件は、千葉篤史が自らが経営する会社で法令に違反した疑いが持たれていることに起因している。更なる捜査や公判によって詳細が明らかになる可能性がある。

千葉篤史、芸能事務所、会社法違反、buddy go、強欲

千葉篤史は芸能事務所を経営していたが、会社法違反の疑いで逮捕された。ドラマ「buddy go」のプロデューサーとしても知られる彼の強欲な行動が問題視されている。

  • URLをコピーしました!