遠野なぎこ、悪意のある中傷コメントに再度警告「警察に相談します」

ニュースの要約

– 女優遠野なぎこ、SNS上で否定や批判コメントに自粛を求める
– 悪意あるコメントに非難、被害届提出を示唆
– 警告、警察に助けを求める姿勢を強調

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/851832aecbe6384fda5b78986f3746c9b09cfeab

遠野なぎこ、心ない誹謗中傷コメントに再度注意勧告「宣言通り警察に助けを求めます」

女優の遠野なぎこ(44)が23日までにインスタグラムを更新しました。

SNS上で絶えず否定や批判を受け、自粛を求めました。

遠野は「皆さん、こんばんは。遠野なぎこです。『心配という名のもとに…』もう、ウンザリです。

余計なアドバイスや憶測は、本当に大きなお世話。

『Yes』の声だけでなく、悪意を隠した心配は伝わってきます。

鬱陶しいの一言」と悪意のあるコメントを非難しました。

さらに、「ブロックしても、新たな人が現れる。

攻撃してくる人々に苦しみを訴える者が出てくることを聞いて、心強く感じています」と述べ、「否定や批判が欲しい人へ。

私のことは黙ってください。

この場所は、全てを理解した上でお互いに最大限の優しさを示す場所です。

どうか、私を無視してください。

みなさんを絶対に傷つけないでください。

私が守らなければならない人たちなのです」と訴えました。

遠野は17日の投稿でも中傷に苦しんでいることを告白し、「批判や攻撃が続くなら、警察に助けを求めることになるので了承してください」と改めて警告しました。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

遠野なぎこ、誹謗中傷コメントへの注意再度警告 ニュースについての感想

遠野なぎこさんがSNS上の悪意あるコメントに怒りをぶつけました。

「余計なアドバイスや憶測、ウンザリ」「お世話焼きは止めて」「心配の仮面を被った悪意はホントに鬱陶しいの一言」と叫んでいます。

被害届の件についても「心強い」そうですが、「否定や批判は止めて欲しい」と訴えています。

彼女は警察に相談する覚悟もしているそうなので、冷静に!

遠野なぎこ、誹謗中傷コメントへの注意再度警告 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

遠野なぎこ、心ない誹謗中傷コメントに再度注意勧告「宣言通り警察に助けを求めます」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

遠野なぎこのSNS否定

遠野なぎこがSNSを否定する発言を行い、注目を集めている。SNS活用のメリットやデメリットについての議論が巻き起こっている。

インスタグラム批判

インスタグラム批判は、プライバシーの侵害やコンテンツの浅さ、影響力に関する問題点などが挙げられるが、一方でSNSとしての能力やインフルエンサーの支援も見逃せない。

SNS否定 - 批判コメント

SNSを否定する人々が増加しており、特に批判コメントが目立つ傾向にある。ただし、SNSにおける否定意見も多様で、プラス面も存在する一方で、適切な使い方が求められている。

批判コメントの被害届

批判コメントの被害届は、ネット上での誹謗中傷や風評被害に対する対処手段として、被害を受けた人が警察やインターネットサービスプロバイダーに通報することができる制度です。被害を訴える際には、具体的なコメントや投稿の画像やURLを提出し、対処が必要な理由や被害の内容を詳細に記載することが重要です。

被害届提出

該当の犯罪や事件に遭遇した際に、警察に対して被害の内容を通知し、捜査を依頼する手続きのことを指す。具体的な被害内容や証拠を提示することで、犯罪の解決や加害者の摘発につながる重要な行動となる。

  • URLをコピーしました!