感動の物語:久保田利伸、アメリカ同時多発テロの体験を語る 3カ月足止めされたその時の様子

ニュースの要約

1. 2001年の米国同時多発テロについて語る
2. ニューヨークでの体験とその影響
3. テロ後のニューヨークの復興について

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/02a3ba1892bf22114f91c61b70f426b844e25cb2

久保田利伸 アメリカ同時多発テロを体感 3カ月足止めされるも…「部屋がまだ煙臭かった」

人気シンガーソングライターの久保田利伸が、23日にTOKYO FM「木村拓哉 Flow」にゲスト出演しました。

久保田は、2001年の米国同時多発テロの時にニューヨークにいた経験について話しました。

当時、テロが起きた日、久保田は一時的に帰国し、日本のスタジオでレコーディングをしていました。

テレビでニューヨークの出来事を見てしまい、その光景は忘れられません。

「その後帰れなくなり、自宅に3カ月間帰れず、日本に滞在することになりました」と振り返りました。

久保田は、自宅が被害を受けたエリアにあったこと、帰った部屋がまだ煙臭かったこと、そしてニューヨークの復興力に感動したことを語りました。

被害を受けた街が高くなり、経済が復興していく様子に感動した久保田は、「ニューヨークのパワーを感じた」と語りました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

久保田利伸、アメリカでの体験 3カ月足止めも果たされる。 ニュースについての感想

久保田利伸がTOKYO FM「木村拓哉 Flow」にゲスト出演!

米国同時多発テロの体験談に、日本でレコーディング中に出来事を振り返る。

NYの街の復興力に感心し、部屋がまだ煙臭かったり、物価が上がる様子をリアルに語る姿に驚き!

久保田利伸、アメリカでの体験 3カ月足止めも果たされる。 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

久保田利伸 アメリカ同時多発テロを体感 3カ月足止めされるも…「部屋がまだ煙臭かった」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

久保田利伸

日本のR&Bシンガーであり、プロデューサー。’80年代から活躍し、多くのヒット曲を生み出す。デビューシングル「Missing」が大ヒットし、その後も独自の音楽スタイルでファンを魅了している。

米国支援で復興!

米国支援により、被災地の復興が加速しています。経済、インフラ、教育など多岐にわたる分野での支援が行われており、現地住民の生活向上に寄与しています。

ニューヨークでのテロ復興

ニューヨークでのテロを受けて、復興が進められています。被害を受けた地域や建物の再建や被害者支援プログラムが展開されており、市民や企業、政府が連携して復興を支援しています。

久保田利伸、米国ニューヨークでテロ。

久保田利伸が米国ニューヨークでテロをテーマにした新曲を発表。

米国ニューヨーク復興

米国ニューヨーク復興には、9.11テロやハリケーン・サンディなどの災害が影響し、様々な復興プロジェクトが進行中。世界的に有名なランドマークやビジネス地区の再建を通じ、市民の生活向上や観光産業の再生を目指して取り組まれている。

  • URLをコピーしました!