町田市のクマ被害が増加中!なぜなの?夏の時期に要注意!

ニュースの要約

– アジア動物医療研究センター長のパンク町田氏がクマによる人的被害についてコメント
– 青森・岐阜・長野県など各地でクマによる被害が相次いでいる
– 6~7月はクマの発情期で活動的になり行動範囲が広がるので注意が必要

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bb3149016221b54db47270d08ee21c49184ab3c1

パンク町田氏 クマによる人的被害が相次いでいるワケ「6~7月はクマの発情期なので活動的になり…」

アジア動物医療研究センター長のパンク町田氏が、26日にフジテレビの情報番組「めざまし8」で、各地でクマによる人的被害が相次いでいることについてコメントしました。

青森市郊外の酸ケ湯温泉に近い地獄沼付近で、25日の午前8時50分ごろ、タケノコ採りに来ていた80代の女性がクマに襲われて死亡しました。

青森市によると、死因は多発性外傷とみられます。

また、岐阜県揖斐川町の川で、25日の午後5時40分ごろ、釣りをしていた70代の男性がクマに襲われ、頭や顔をひっかれ重傷を負いました。

他にも21日には、長野県で襲われた男性が死亡し、青森や富山県でも、タケノコ採りなどをしていた男女計2人がクマに襲われてけがを負いました。

警察や自治体などが周辺の住人に注意を呼びかけています。

パンク町田氏は、「6~7月はクマの発情期で、活動的になり行動範囲が広がるため、普段は行かない場所に出没する可能性がある」と解説しました。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

町田市のクマ被害 発情期の注意点 ニュースについての感想

クマによる人的被害が相次いでいることについて、アジア動物医療研究センター長のパンク町田氏がコメント。

クマの発情期で行動範囲が広がり、普段は行かない場所に出没する可能性がある。

周辺の住人には要注意だね。

町田市のクマ被害 発情期の注意点 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

パンク町田氏 クマによる人的被害が相次いでいるワケ「6~7月はクマの発情期なので活動的になり…」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

クマ被害対策

クマ被害対策は、人間とクマが共存する地域で重要な課題となっています。対策としては、ゴミの分別や密封、農作物の保護、クマの習性を理解した適切な対応などが挙げられます。地域住民や専門家、自治体などが連携し、効果的な取り組みが求められています。

アジア動物医療研究の成果

アジア動物医療研究の成果により、地域特有の疾患や治療法に関する知見が深まり、より効果的な治療法の開発や動物たちの健康増進に貢献しています。

人的被害を最小限に抑える方法

人的被害を最小限に抑える方法は、事前のリスク評価と適切な対策の計画が重要である。災害時の避難計画や訓練の実施、安全な避難場所の確保などが必要とされる。また、リーダーシップと的確な情報伝達も被害の軽減に貢献する。

発情期による多発性外傷

発情期による多発性外傷は、動物が発情過程で他の動物や物体との接触や攻撃を経て受ける外傷のことを指す。動物の性行動に伴うストレスや興奮、攻撃性の増加などが原因とされ、注意が必要。

発情期のクマ被害

発情期に入ると、クマたちが農作物や生活環境に被害を及ぼすことがあるので、十分な注意が必要。餌場の管理やゴミ処理を適切に行い、遭遇した場合は近づかずに遠くへ退かすことが重要。

  • URLをコピーしました!