鈴木おさむ氏が語る:高層マンション広告の写真取り違え問題

ニュースの要約

– 鈴木おさむ氏が岩手山と岩木山の間違いに言及
– マンションのチラシに誤った写真掲載、盛岡市側は立腹
– 高層マンション建設で景観への懸念、近隣住民への説明会が予定

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4e9315da9144fe1fc5d48ab139fa4007301d2e9b

鈴木おさむ氏 高層マンション広告の写真取り違えに「間違っていたという景色、これはかなり大変なこと」

元放送作家である鈴木おさむ氏(52歳)が26日、フジテレビの情報番組「めざまし8」に出演しました。

盛岡市の紺屋町で高層マンション建設を進める「タカラレーベン」が、岩手県の岩手山が見える眺望を売りにした物件のチラシに、間違って青森県の岩木山の写真が掲載された問題について言及しました。

盛岡市側は、岩手山をシンボルとする岩手県を取り違えたことに憤慨し、「あり得ない」とのことです。

チラシは、この春に始まった14階建てマンションのもので、遠くに見える岩手山と目の前に流れる中津川の景観をアピールしていました。

しかし、広告制作会社がCG加工する際、岩手山の写真を岩木山のネット画像を参考にしてしまい、不注意により無断で転載してしまったそうです。

番組では、歴史的な街並みが残る紺屋町に高層マンションが建設されることによる景観への影響が心配されていることも伝えられました。

タカラレーベンは、近隣住民への説明会などを開催する予定だそうです。

鈴木氏は、「海が見えるかどうかで同じマンションでも価格が倍になることがある」と述べ、「景色が大切だから、間違った景色が載っていたことは重大な問題だ。景観を大切にして購入する人が多いから」と指摘しました。

高層マンションの建設に関しては、東京・国立市で富士山通りと呼ばれる通りで、完成寸前の10階建てのマンションが急遽解体されることが決定しました。

周辺住民からは「富士山が見えなくなる」「景観が悪化する」といった懸念が上がっており、建設業者の積水ハウスは「法令は遵守していたが、周辺への影響についての検討が不十分だった」とコメントしています。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

高層マンション写真取り違え、鈴木おさむ氏コメント ニュースについての感想

フジテレビの情報番組「めざまし8」に元放送作家・鈴木おさむ氏が出演!

岩手山と岩木山を取り違えた高層マンションの問題に盛岡市も怒り爆発。

CG加工でチラシの写真が間違っていたってマジ?

建設の影響で景観懸念も。

高層マンション建設の裏側には色々あるね。

高層マンション写真取り違え、鈴木おさむ氏コメント ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

鈴木おさむ氏 高層マンション広告の写真取り違えに「間違っていたという景色、これはかなり大変なこと」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

眺望最高

特に高所や海岸などの絶景スポットでの眺望は、心を癒やしリフレッシュさせてくれる。

高層マンションの誤載

高層マンションの誤載は、不動産広告や情報サイトにおいて、実際の物件の情報と異なる内容が掲載されていることを指します。これにより、入居者や購入者が誤解を招くことがあり注意が必要です。

高層マンションからの眺望

都心部や海岸沿いなど、景色の良い立地に建てられた高層マンションからは、広い視界を楽しむことができます。また、夜景や季節ごとの景色の変化など、日常の中で味わえる贅沢な眺望を楽しむことができます。

高層マンションからの青森県眺望

高層マンションからの青森県眺望は、津軽海峡や青函トンネル、青森市街地などが一望でき、四季折々の風景を楽しめます。特に、夜景はライトアップされた景色が幻想的で人気です。

高層マンションから見る富士山

高層マンションからは、富士山の雄大な姿を眺めることができ、都会の喧騒から離れた静かな時間を楽しむことができます。特に朝日や夕日が富士山に当たる光景は、美しい絶景となります。

  • URLをコピーしました!