新幹線で初めて聞く「お医者様はいませんか?」 - 医療関係者の凄さ –

ニュースの要約

– 井上裕介が新幹線で医師のアナウンスを聞いた
– 医療関係者の的確な動きを称賛
– 乗客の安全を確認して感謝

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6e2e7a1f179c8ab811c340e568cace5919dcd2ea

ノンスタ井上 新幹線で“お医者様はいませんか?”を初めて聞く「医療関係者って本当凄い」

お笑いコンビのノンスタイルの井上裕介(44)が26日、旧称ツイッターを更新しました。

新幹線で流れるよくあるアナウンスを初めて耳にしたことを明かしました。

井上は新幹線の中で、「『お客様の中に、お医者様、医療関係の方はいませんか?』というアナウンスを初めて聞いた」と述べました。

これはドラマや映画でよく聞く機内アナウンスであり、現実にその場面に遭遇した井上は、「その後、僕の後ろの席の方が立ち上がり、指定の号車の方に向かって歩いて行った。知識と技術で人を助けるスーパーマンのように見えた。医療関係者は本当に素晴らしい」と医師の迅速な対応を称賞しました。

さらに、「乗客も無事で本当によかった」と締めくくりました。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

新幹線で初めて聞く“お医者様はいませんか?”医療関係者の凄さ ニュースについての感想

お笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介(44)が新幹線で医療関係のアナウンスを聞いたエピソードを共有。

「知識と技術で人を助けるスーパーマンに見えた。医療関係者って本当凄い!」と感心し、乗客が無事で安心した様子。

新幹線で初めて聞く“お医者様はいませんか?”医療関係者の凄さ ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ノンスタ井上 新幹線で“お医者様はいませんか?”を初めて聞く「医療関係者って本当凄い」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

新幹線旅行 - “

新幹線は、日本国内を高速で結ぶ鉄道路線であり、東海道・山陽・東北・北海道など、全国各地を結ぶ路線があります。車内は快適で、特急料金を払えばグリーン車での乗車も可能。指定席制で、事前に予約が必要です。

アナウンスが鳴り響く病院内

患者やスタッフへの重要情報や注意事項を伝達するために、病院内で定期的にアナウンスが行われる。待合室や診察室など様々な場所で聞こえるアナウンスは、円滑な医療サービスの提供や安全確保に貢献している。

感動のドラマ登場!

心温まるストーリーと感動的な演技が魅力の新シリーズ。

新幹線

新幹線は、日本の鉄道網を代表する高速鉄道です。東海道・山陽・東北・上越・北陸・九州新幹線など複数の路線があり、時速300kmを超える最高速度で全国を縦横無尽に走行しています。

「スーパーマンのアナウンス」

スーパーマンが東京に上陸!彼のアナウンスが市民を驚かせたが、彼の協力により犯罪撲滅が進む見込み。

  • URLをコピーしました!