訪英中の天皇陛下、英国で最も歴史あるガーター勲章を授与される! 日本の皇室史上5人目

ニュースの要約

– 天皇陛下がイギリスの最高勲章「ガーター勲章」を受章し、晩餐会に初めてつけて出席
– ガーター勲章は、君主自ら選ぶイギリスで最も歴史のある勲章で、受章者は毎年6月にパレードを行う
– 昭和、大正、明治の天皇もガーター勲章を受章し、徳仁今上天皇は日本の皇室で5人目の受章者

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6b850b8411d2fa6d4ea5408b815ac00e0657ceae

訪英中の天皇陛下、「イギリスで最も歴史ある」ガーター勲章を授与! 日本の皇室では5人目

イギリスを訪れている国賓として、天皇陛下が2024年6月25日にチャールズ国王からガーター勲章を授与されました。

その日の夜には、バッキンガム宮殿で行われた晩餐会に初めてその勲章をつけて出席しました。

ガーター勲章はイギリスで最も古い歴史を持つ勲章で、君主が直接選定します。

受章者は、君主が選ぶものです。

ガーター勲章は1629年にチャールズ1世国王によって導入され、胸につける星章は当初、刺繍でしたが、後にシルバーやエナメルで作られるようになりました。

毎年6月に行われるガーターデーでは、受章者がウィンザー城でパレードを行います。

日本の皇室でガーター勲章を受章したのは、徳仁今上天皇が5人目でした。

また、同日には天皇陛下からチャールズ国王に日本の最高勲位である大勲位菊花大綬章も授与されました。

前に1971年に授かっていましたが、正式に頸飾を受け取っていませんでした。

控えめ言っても気になるやつ!やっぱりアレでコレでこーなる?

日本の皇室5人目の天皇陛下、イギリスで最も歴史あるガーター勲章を受賞 ニュースについての感想

天皇陛下がガーター勲章を受章して超カッコいいバッキンガム宮殿での晩餐会に初参加!

英国最古の勲章で、君主が選ぶんだって。

ウィンザー城でのパレードもスタイリッシュ!

親子でガーター勲章受章者ってのもスゴいし、チャールズ国王に大勲位贈呈も〜最高だね!

日本の皇室5人目の天皇陛下、イギリスで最も歴史あるガーター勲章を受賞 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

訪英中の天皇陛下、「イギリスで最も歴史ある」ガーター勲章を授与! 日本の皇室では5人目 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ウィンザー城での歓迎宴会

ウィンザー城での歓迎宴会は、英国王室が特別な来賓を歓迎する際に行われる格式高いイベントで、華やかな雰囲気の中で宮廷料理や英国文化を堪能することができる。ウィンザー城の壮麗な雰囲気と美しい庭園が、宴会に特別な華を添えている。

ウィンザー城と天皇陛下

ウィンザー城はイギリスの王室居住地であり、世界でも最も有名な城の1つ。天皇陛下も国賓として招かれており、英国と日本の歴史的なつながりを象徴している。

ウィンザー城の華やかな歴史

ウィンザー城はイギリスに位置し、1,000年以上の歴史を持つ王室の居城であり、エリザベス女王も度々滞在している。城内では美術品や歴史的な品々が展示され、観光客に人気の観光スポットとなっている。

菊花大綬章授与!

日本の最高位勲章である「菊花大綬章」が授与される際は、国や皇室への功績が大きく、多くの人々からの尊敬と賞賛を得ることが求められる。

明治天皇の偉業

明治時代に日本を近代化へ導いた明治天皇の偉業は、西洋文化の導入や産業革命の推進、憲法制定など多岐に渡る。国家建設に尽力し、国際社会に日本を浸透させた彼の功績は大きい。

  • URLをコピーしました!