三山ひろし、紅白けん玉“チャレンジ失敗”の裏側を明かす! 判定後の控え室での様子が明かされる「大盛り上がり!」

ニュースの要約

– 三山ひろしの紅白歌合戦の恒例企画「けん玉ギネス世界記録」の舞台裏
– 世界記録挑戦で16番目が失敗し、「失敗」とされた経緯
– 参加者を明るく盛り上げて笑いの中で終わらせたエピソード

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/960d5462f01d62167aea77c6da6f2124383596e6

三山ひろし 紅白けん玉“チャレンジ失敗”の舞台裏明かす 判定後の控え室は「ドカーンとウケて」

三山ひろし(43歳)が3日、TOKYO FM「川島明 そもそもの話」に出演しました。

大晦日に行われる「第74回NHK紅白歌合戦」での恒例企画、「けん玉ギネス世界記録」の舞台裏について明かしました。

昨年、128人で挑戦し、一度は「4年連続成功」と言われたものの、1時間後に16番目の人が失敗していたことが分かり、「失敗」に変更されたそうです。

ステージ後、けん玉ヒーローズが集まる控え室を訪れた三山は、「静まり返った重い空気が漂っていました。でも私が『皆さんお疲れさまでした。けん玉は裏切りませんから。来年も参加してくれますか?』と明るく言うと、参加者から『おー!』と声が上がり、笑いで雰囲気を和ませたそうです。

紅白で披露するけん玉の技について、大皿という技は実は簡単で、けん玉検定で言うと最初の10級の技だそうです。みんなが出来ることだからこそ、連続で繋がる難しさを感じてほしいと呼びかけていました。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

三山ひろし、紅白けん玉“チャレンジ失敗”の裏話 ニュースについての感想

三山ひろしさんがけん玉ギネス世界記録の舞台裏を明かし、失敗があったことを振り返ると、空気が重たくて皆さんに元気を与えたそう!

技の難しさを伝えるため、挑戦する皆さんにエールを送っていたんだって。

笑いの中で終わらせる温かい空気が伝わってきますね。

三山ひろし、紅白けん玉“チャレンジ失敗”の裏話 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

三山ひろし 紅白けん玉“チャレンジ失敗”の舞台裏明かす 判定後の控え室は「ドカーンとウケて」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

三山ひろしの歌声

三山ひろしは日本の歌手で、豊かな音域と抜群の歌唱力で知られている。幅広いジャンルの歌を歌い、特に歌謡曲や演歌で多くのヒット曲を生み出してきた。彼の情感溢れる歌声は多くのファンを魅了し、長年に渡り愛され続けている。

けん玉ギネス挑戦

けん玉を使用し、世界記録を目指すギネス挑戦。挑戦者は熟練の技術と集中力を持ち、数々の難関を乗り越える。日本発祥のけん玉が世界に広まる可能性も。

けん玉ギネスに挑戦

けん玉ギネスに挑戦する際は、正確な技術と集中力が求められる。上達のためには継続的な練習が重要であり、世界記録に挑む場合は審査基準を満たすことが必要。挑戦者は自身の限界を超える努力を惜しまず、成功への意欲を持つことが重要。

三山ひろしの大皿技

三山ひろしは、日本の大皿料理界で活躍する料理人であり、その大胆で独創的な大皿技術は多くのファンを魅了している。彼の料理は、色彩豊かで見た目も美しく、食材の旨みを引き立てる独自のアプローチが特徴的。

けん玉検定開催中!

けん玉愛好者のためのけん玉検定が開催中。けん玉のスキルを競い合い、レベルアップを目指しましょう!

  • URLをコピーしました!