三谷幸喜氏、先週の「Nキャス」急遽見合わせ 新型コロナ感染を公表

ニュースの要約

1. 三谷幸喜氏が新型コロナ感染を告白
2. 病院で検査してコロナ陽性反応が出る
3. 飲み薬で回復中も呼吸苦しさを感じる

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/422faac20cd1ef15920feff451d634c0b1dfb5e1

三谷幸喜氏 新型コロナ感染していた 先週の「Nキャス」急きょ見合わせ「コロナだったんですよ」

脚本家の三谷幸喜氏(62)がTBS系の「情報7daysニュースキャスター」に生出演し、新型コロナウイルスに感染していたことを公表しました。

先月24日の放送は体調不良で急遽出演を取りやめていたそうです。

「心配をおかけしました。こんなに心配されるとは」と話していました。

当日はTBSには行きましたが、熱があり、検査をして結果はコロナ陽性だったそうです。

医者から薬をもらって、熱も下がりつつあると報告しましたが、まだ苦しいこともあるそうです。

安住アナウンサーから体重の変化について指摘され、2キロほど痩せたと答えました。

先週の放送は見ておらず、いないときに盛り上がっていたのではないかと心配していたそうです。

アナウンサーは世界卓球の話題を出し、「それは言わなくてもいいでしょう?」とちょっかいを出しました。

安住アナが「三谷さんがいないと厳しかった」と言うと、軽い掛け合いを見せていました。

最新ニュース、マストチェック!新しい発見が待ってるよ!

三谷幸喜氏、新型コロナ感染で「Nキャス」急きょ見合わせ ニュースについての感想

三谷幸喜氏が新型コロナに感染していたことを生出演で告白。

病気で急きょ番組を休んだり、熱が下がらず再検査で陽性が判明。

「やっと熱が下がってきたよ」と報告も、散歩中に苦しい思いをしているとか。

安住アナから「体重減ったね」と指摘されるも、「2キロくらいかな」と認めつつも、

先週の放送は寝ていたと告白していた。

安住アナとの掛け合いも軽快で楽しい雰囲気が伝わってきた。

三谷幸喜氏、新型コロナ感染で「Nキャス」急きょ見合わせ ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

三谷幸喜氏 新型コロナ感染していた 先週の「Nキャス」急きょ見合わせ「コロナだったんですよ」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

三谷幸喜氏 - 笑いのプロ

三谷幸喜氏は日本の脚本家・映画監督であり、数々の人気作品を手掛けている笑いのプロ。彼の作品は独特のユーモアと奇抜なストーリー展開で、観客を魅了してきた。彼の才能は多くの人々に愛され、日本のコメディ界で確固たる地位を築いている。

三谷幸喜氏の新型コロナ対策

三谷幸喜氏は、新型コロナ対策として自宅待機を推奨し、SNSで啓発活動を行っている。また、感染拡大を防ぐためにイベントの延期や中止を積極的に行い、社会貢献活動にも取り組んでいる。

抗原検査の重要性

抗原検査は、ウイルス感染の早期診断やスクリーニングに有用であり、PCR検査よりも迅速な結果が得られるため、集団検査や緊急時に有効。ただし、感度や特異度がPCR検査より劣ることがあるため、結果の解釈に注意が必要。

呼吸苦で三谷幸喜氏

が病院に緊急搬送される。

三谷幸喜氏、世界卓球。

三谷幸喜氏が世界卓球の国内開催をプロデュース。

  • URLをコピーしました!