杉本彩が動物愛護イベントで訴える「日本で生体販売禁止を実現したい!」

ニュースの要約

– 杉本彩が動物愛護活動に精力的に取り組む
– 海外での動物の生体販売規制について紹介
– 幼齢動物の販売禁止を目指し、法令違反への対策を訴え

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/52f22b598cccb515152c3e80e37234f84237b750

杉本彩、動物愛護イベントで呼びかけ「生体販売禁止をいつか必ず日本で実現させたい」

女優の杉本彩(55)が3日、兵庫・尼崎市で行われた「高校生と考える保護犬の未来」トークセッションに参加した。

杉本は女優やタレントとして活動する傍ら、公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長として動物愛護にも取り組んでおり、悪質なブリーダーによる動物虐待事件を刑事告発するなど、積極的に活動しています。

約100人が参加したイベントでは、杉本は「イングランドやフランス、アメリカなどで幼齢動物の販売が禁止されている中、日本も考えるべきだと感じています。」と述べ、動物の生体販売について紹介しました。

5年後の動物愛護管理法改正では、幼齢動物の販売禁止を目指して活動中であり、「法令違反が多い状況では、厳しく規制をかけても意味がない。幼齢動物の販売禁止が実現しやすい方向性だと思います。」と述べました。

最後に、「みなさんと共有できて嬉しい。問題に取り組むことは大変ですが、世代を超えて共に取り組むことが重要です。みんなで力を合わせ、活動を続けていきましょう。」と呼びかけました。

NPO法人どうぶつ弁護団理事長で弁護士の細川敦史氏、わん権プロジェクト実行委員会代表で尼崎市立琴ノ浦高校3年の中村華恋さんも参加し、保護犬の未来について話し合いました。

注目のトピック、見逃せないぜ!気になる情報だらけでヤバス!

杉本彩が生体販売を禁止したい理由 ニュースについての感想

女優の杉本彩さんが保護犬について語るイベントに参加!

動物愛護に情熱を注ぐ彼女が、幼齢動物の販売禁止を訴え、日本も変わらないといけないと呼びかけ。

市民の声で実現させたいと訴え、活動の重要性を語りました。

保護犬の未来について、皆で助け合って取り組むことの大切さを伝えました。

杉本彩が生体販売を禁止したい理由 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

杉本彩、動物愛護イベントで呼びかけ「生体販売禁止をいつか必ず日本で実現させたい」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

保護犬を愛そう

保護犬は適切な飼育環境や愛情を与えてもらえる家庭を探しています。里親探しや保護団体の支援活動を通じて、命を救うことができます。保護犬を迎えることで、新しい家族の一員として愛情を分かち合い、幸せを感じることができます。

杉本彩が保護犬を支援

杉本彩が保護犬を支援する活動を行っており、保護犬の里親探しや啓発活動に取り組んでいる。また、彼女のSNSで保護犬の魅力を発信し、多くの人々にその重要性を伝えている。

保護犬を探そう

保護犬を探す際には、シェルターや保護団体からの情報収集や里親募集サイトの利用がおすすめです。成犬や子犬、さまざまな犬種やサイズの保護犬がいるため、自分に合った条件をしっかりと考えて選ぶことが大切です。里親になる際は、しっかりと犬とのコミュニケーションを取り、愛情を持って接してあげることが大切です。

保護犬を支援しましょう。

保護犬は里親を探している犬であり、殺処分される可能性もあります。支援することで命を救うことができます。是非里親探しや支援活動に参加しましょう。

保護犬を支援しましょう。

保護犬は里親や支援を必要としています。我々はその支援を通じて、彼らに新しい家族と幸せを届けることができます。保護犬の支援は、彼らの命を守り、幸せを提供する大切な取り組みです。

  • URLをコピーしました!