ユーロスペースが謝罪 坂口拓主演映画「1%er」上映中止の理由とは? 園子温監督の性加害加担疑惑について

ニュースの要約

1. 映画館「ユーロスペース」が坂口拓主演の映画「1%er」の上映中止を発表。
2. 坂口拓氏の性加害疑惑報道に関連し、配給会社との誤った判断を認め謝罪。
3. 被害や二次加害を防ぐため、スタッフ有志からも中止を求める支持が広がる。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b664fff56115edecc3e3d9a55aa7fc173b935601

ユーロスペースが謝罪 「1%er」上映中止の理由説明 主演・坂口拓が園子温監督の性加害加担疑惑

東京都渋谷区にある映画館「ユーロスペース」が3日、公式サイトを更新しました。

3月23日に予定されていた坂口拓さん主演の映画「1%er」の上映が中止になった経緯を説明しました。

昨日、ツイッターで「『1%er』の上映を中止します」と発表し、「詳細は後日お知らせします」とし、本日、支配人の北條誠人名義で声明を投稿しました。

「『1%er ワンパーセンター』の上映に関わる作品関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と謝罪しました。

坂口拓さんが所属する株式会社WiiBERや配給会社から、性加害疑惑報道について調査結果が無実であると説明を受け上映が決まったが、慎重さを欠いた決定だったと認め、上映中止を決定しました。

支配人自ら誤った判断を深くおわびし、信頼回復に努める旨を述べました。

なお、スタッフ有志による異例の表明や坂口さんのYouTubeチャンネルでの反省も報告されました。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

坂口拓が「1%er」上映中止の理由を謝罪 園子温監督の性加害加担疑惑 ニュースについての感想

渋谷の映画館「ユーロスペース」が坂口拓主演映画「1%er」の上映を中止。

性加害疑惑報道に影響され、慎重な判断ミスを認めて謝罪。

スタッフ有志も上映中止を支持し、被害者を思いやるスタンスを示す。

坂口拓が「1%er」上映中止の理由を謝罪 園子温監督の性加害加担疑惑 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

ユーロスペースが謝罪 「1%er」上映中止の理由説明 主演・坂口拓が園子温監督の性加害加担疑惑 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

坂口拓、性加害疑惑発覚

有名俳優の坂口拓が性加害疑惑で話題に。被害女性が告発し議論を呼んでいるが、坂口本人は否定。事件の真相や今後の展開が注目されている。

ユーロスペースの上映中止

新型コロナウイルスの影響で、ユーロスペースにおける上映が中止となり、多くの映画ファンが落胆している。セレクトされた作品が好評を博していたが、再開の目処は未定。楽しみにしていた人々にとって、残念な展開となっている。

坂口拓、上映中止

坂口拓がプロデュースする映画『鮫』の上映が中止となった経緯は、映画の内容が現実の事件と類似しているとして社会問題化し、制作側が敏感な状況を受けて判断した結果である。

坂口拓 性加害疑惑 控えめに表現してください。

坂口拓は性的加害疑惑に関与したとされ、警察の調査が行われている。

配給会社関与否定

映画の配給会社が映画製作者によって所有されている場合、配給会社と製作者は別々の法人であり、配給会社が映画の製作者への関与を否定することは一般的です。製作者は映画の制作や宣伝を担当し、配給会社は映画を効果的に公開するための役割を果たしますが、両者の独立性が保たれることが重要です。

  • URLをコピーしました!