カジサック、岩橋からの「ハイエナ」批判に嘆き「電話しなければよかった」

ニュースの要約

– ユーチューバー「カジサック」梶原雄太が後輩岩橋良昌とのSNS騒動を説明
– 梶原は岩橋に電話し、過去の経験を挙げて釈明。反省の意を示す
– 相方西野亮廣も梶原をかばいつつ、梶原は善意で行動していたと強調

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9e5b75718c523cc0f36edc338827d8177b0e28b9

カジサック、元プラマイ岩橋から「ハイエナ」批判受け嘆き「俺が電話をするべきじゃなかった」

YouTuberの「カジサック」として知られるキングコングの梶原雄太(43)が、コンビのYouTubeチャンネルを更新しました。

梶原は後輩である元プラス・マイナスの岩橋良昌(45)とSNS上での騒動について説明しました。

梶原は2月22日、岩橋にX(旧ツイッター)上で「今カジサックから電話あった きっしょ 食いぶちにされるんかなー 金の匂いしたんかなー ハイエナ」と敵視されたことについて、藤本さんに電話で救われた過去の経験から行動したと釈明しました。

しかし、岩橋からは疑いの目を向けられ、ネットユーザーからも批判を受けました。

この件を相方の西野亮廣に話して笑いになっていると、梶原は岩橋が世間を騒がせていることが心配で電話をしたと説明。

自身が「ハイエナ」と呼ばれたことについても疑問を持ちました。

西野も「梶原さんはハイエナではない。ただ、ハイエナに見える。周りの人からすると」と指摘し、笑いを誘いました。

梶原は最後に、「俺って貧乏に見えてるの?」と疑問を投げかけました。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

元プラマイ岩橋のハイエナ発言に悔やむ 電話はしないべきだった ニュースについての感想

カジサックが岩橋とのSNS騒ぎについて釈明。

岩橋に敵視され、自身の行動を説明して反省。

岩橋が好感度アップと疑念を示す中、西野に笑いを求めるも心配する様子。

自身がハイエナと例えられたことに疑問を投げかけ、ヒカルとの比較を通じて考察。

元プラマイ岩橋のハイエナ発言に悔やむ 電話はしないべきだった ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

カジサック、元プラマイ岩橋から「ハイエナ」批判受け嘆き「俺が電話をするべきじゃなかった」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

岩橋の新作発売開始

岩橋が新作を発売しました。注目のアイテムや販売開始日など詳細は公式サイトで確認できます。是非チェックしてみてください!

岩橋の挑戦

岩橋の挑戦は、新たな分野に挑戦することで成長を促す機会です。リスクを恐れず、自己成長を目指す姿勢が重要であり、失敗を恐れずに積極的にチャレンジすることが大切です。成功すれば大きな成果を得られる可能性もありますが、失敗してもそこから学ぶことができる貴重な経験となるでしょう。

西野亮廣主演!

西野亮廣が主演する新作ドラマが話題になっている。彼の演技力と魅力が注目されており、期待が高まっている。

西野亮廣の魅力

西野亮廣は、個性的で視点の斬新な考え方や、豊富な知識を持ち合わせていることから、多くの人々に魅力を感じさせています。YouTubeを通じて幅広いテーマについて発信する一方、著書も多数執筆し、その独自の哲学や考え方がファンを魅了しています。

西野亮廣、ヒカル登場!

西野亮廣とヒカルは、日本のYouTuberであり、それぞれ独自のコンテンツを配信している。西野はラジオパーソナリティや著書もあり、ヒカルはゲーム実況を中心に活動している。両者のコラボなども話題となっている。

  • URLをコピーしました!