東国原英夫氏の発言に期待!霜月るなが週刊文春で報道された松本について否定コメントをした理由【注目】

ニュースの要約

– 東国原氏が週刊誌報道を否定
– 霜月るなが松本人志との飲み会を証言
– たむけんとのつながりも明かす

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e60679353124c50dfdc57d912d95893757b4ab

東国原英夫氏、霜月るなの「週刊文春」松本報道否定発言に「この女性が強力な証言者になってくれるのでは」

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、自身のツイッターを更新しました。

関西出身のセクシー女優・霜月るなが、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志との飲み会に参加したことを公表し、週刊誌の報道内容に対して「嘘だらけ」と否定しました。

霜月は「松本人志さんの件について私はあんな嘘だらけの記事の内容に許せないから書きます。大阪のリッツカールトンでの飲み会に参加していました。記事に書いてあったギャルっぽいAV女優は私のことです」と明かしました。

この証言を受け、東国原氏は「この証言が事実なら、この記事を相手取って、松本人志氏側は訴訟を起こすべきである。この女性が証言者として頼りになるだろう」とコメントしました。

霜月は、たむけんさんとの飲み会にも参加したことを明かし、「たむけんさんがグラビアアイドルを誘ったという記事は誤り。私が誘いました。飲み会中も普通に携帯を触り、楽しい時を過ごしていた」と伝えました。

最後に、「これからも松本人志さんを応援したいし、この発言が意味を持てば良いなと思い、書きました」と説明しました。

東国原氏は以前、週刊文春に名誉毀損で提訴し、勝訴した経験があります。

最近、週刊文春の特大号が完売したニュースに対し、高額の損害賠償を主張していました。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

東国原英夫氏、霜月るなの週刊文春報道に注目 ニュースについての感想

東国原氏のX更新による、霜月るなとの飲み会報道否定に言及。

霜月が松本人志さんの飲み会体験を明かし、記事内容を一蹴。

東国原氏は、事実なら訴訟へと示唆。

霜月はたむらけんじとのつながりも明かし、過去の飲み会を詳細に説明。

「嘘の記事に黙ってられない」と告白。

たむらが感謝のコメント。

東国原氏は過去の名誉毀損裁判を経験し、損害賠償に言及。

東国原英夫氏、霜月るなの週刊文春報道に注目 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

東国原英夫氏、霜月るなの「週刊文春」松本報道否定発言に「この女性が強力な証言者になってくれるのでは」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

松本人志特集

松本人志特集では、お笑い芸人としての活躍だけでなく、映画やテレビドラマ、ラジオ番組など幅広い分野で才能を発揮しています。彼の独特なキャラクターと独創的な発想によって、多くのファンを魅了しています。

霜月るなに密着

霜月るなは、日本のバーチャルYouTuberで、歌手としても活動している。その可愛らしい外見と力強い歌声で多くのファンを魅了している。ライブ配信やライブイベントなどで、ファンとの交流を大切にしており、密着したコンテンツが人気を集めている。

週刊文春 炎上

週刊文春が報じた記事がSNSなどで炎上し、著名人や企業に波紋を広げることが増えている。誤解やデマが拡散されることもあり、情報の信憑性が問われるケースも多い。一方で、炎上を巧みにPRや広告に転換する事例も見られる。

たむらけんじの告発

たむらけんじが行った告発には、芸能界の裏側や政治の問題点、さらには社会問題についても言及があり、大きな波紋を呼んでいる。告発文の中身には、彼の視点や主張が詰まっており、その内容によって賛否両論が分かれている。

東国原氏の新たな活動

元宮崎県知事の東国原英夫氏が地元復興支援など新たな活動を展開中。政治家としての経験を活かし、地域課題解決に力を入れている。また、メディア出演や著書の執筆など幅広い活動を通じて、社会への貢献を行っている。

  • URLをコピーしました!